« 九州王朝「倭国」終末期の"王統交代"(後篇) | トップページ | 尼崎難波宮の「天下立評」と『古事記』成立の秘密 »

2014年6月15日 (日)

取り違えられた「前期難波宮」――本来の「難波宮」は尼崎にあった!

九州王朝説論者の間で、「前期難波宮は、九州王朝の副都である」であるという説が広まっている。

しかし、私は、かつてから、この説に疑問を持っていた。

実は、小学生のころから、僭越ながら、古賀達也氏の「前期難波宮は七世紀半ばの遺構であり、倭国の天子が住んでいた」という説について、「勇み足」的なものを感じていたのである。

古田武彦先生も、「前期難波宮に、九州王朝の天子が住んでいたという、考古学的証拠はあるのか?」と、疑問を持っておられた。

だが、先ほど読んだ山本先生(とうやん)の論考により、疑問は氷解した。

古賀達也先生だけでなく、多くの学者・研究者は「難波宮」を取り違えているのだ。

神武天皇の時代から仁徳天皇の時代まで「難波津」は存在しないのであり、「難波」とは尼崎に存在した 。(九州王朝の場合は「博多」の事と思われる――古田武彦「大化改新批判」参照、私は「乙巳の変」は「博多・難波」であったと考える)

山本先生の論証が正しいと、武庫庄遺跡の大型掘立柱建物が、実は弥生時代の遺跡ではなく、本来の「前期難波宮」であったということになる。

すると、今の考古学者が「前期難波宮」と呼んでいるものは、なんや?という話になる。

それは、簡単である。

いわゆる「前期難波宮」は、「首都」でも「宮殿」でもなかったのだ。

混同を防ぐために、私はあえて「(いわゆる)前期難波宮はなかった」という表現を使い、「尼崎難波宮」が九州王朝の副都であった、と主張したい。

« 九州王朝「倭国」終末期の"王統交代"(後篇) | トップページ | 尼崎難波宮の「天下立評」と『古事記』成立の秘密 »

多元的古代史観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660159/56505241

この記事へのトラックバック一覧です: 取り違えられた「前期難波宮」――本来の「難波宮」は尼崎にあった!:

« 九州王朝「倭国」終末期の"王統交代"(後篇) | トップページ | 尼崎難波宮の「天下立評」と『古事記』成立の秘密 »

フォト
無料ブログはココログ