« 人気ブログランキングで一位に! | トップページ | 他人を非難するだけではなく・・・・ »

2016年5月28日 (土)

人間の「我の心」は、本当に存在するわけでは、ないのです


人気ブログランキングへ

「神様のことを信じているといっても、私は神様にはなれない」

そう、思われている方も、多いのかもしれませんね。

「人間は神ではない」――多くの人は、そう思われていると思います。

だけど、人間はみんな、「より良いもの」を目指して努力する性質を持っています。

こうした働きこそが、神様の働きでは、ないでしょうか?私は、そう思います。

だって、どんな人間にも、必ず、正義感があります。

「自分の身は自分で守る」というのも、一種の正義感からくるものですね。こうした正義感があまり強くなりすぎると、争いの原因にもなりますが・・・・・。


人気ブログランキングへ

それなら、どうして、争いが起きるのか、って?

それは、この世界が不完全だから、ではないでしょうか?

仮に、自分の周りがみんないい人で、かつ、自分もほしいものはすべて手に入っている状態で、わざわざ、争いなどということを崇る人がいると思いますか?

私は、いない、と思います。

何か、足りないものがある、と思うから、あるいは、周囲の人間が「正義に反する行動」をしている、と思うから、争うのです。

だけど、そういう争いの原因となる「~と思う」心、というのものは、実は、存在しないのです。

デカルトは、「我、思う。故に、我在り。」という、有名な言葉を残しましたよね。

しかし、それは、間違いです。

「我、思う」ということから導き出せるのは、あくまで「我、思う」という「現象」であって、その「主体」である「我」の存在を立証するものでは、ありません。

それを、わかりやすく説いたのが、『荘子』の「胡蝶」の話です。

すこし、ややこしい話になってきましたね。私の持論を述べるのは、ここまでにします。

私が言いたいのは、不完全な心が自分の本体であると、思ってはいけない、ということです。

それでは、また。


人気ブログランキングへ

« 人気ブログランキングで一位に! | トップページ | 他人を非難するだけではなく・・・・ »

人類光明化運動・国際平和信仰運動・自然とともに伸びる運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660159/65584838

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の「我の心」は、本当に存在するわけでは、ないのです:

« 人気ブログランキングで一位に! | トップページ | 他人を非難するだけではなく・・・・ »

フォト
無料ブログはココログ