« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

人間の「理性」を神様のために使いましょう


人気ブログランキングへ

生長の家総裁・谷口雅宣先生のFBには、こう書かれています。

世の中の不幸の原因を、いたずらに神様のせいにする人がいます。

しかし、それは、間違っている、ということです。

理性によって物事の原因を知ってこそ、それを改善していくことができるのです。

ありがたいことです。

神様、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

2016年7月29日 (金)

大聖師から何を学んでいるのか?


人気ブログランキングへ

最近、「学ぶ会」の幹部と思われる人物が、自身が「原理主義者」であるとの批判を回避するために、やたら「私たちは帝国憲法の復原・改正を支持していない!」と言っています。

彼らによると、帝国憲法の復原というのは、あくまで「手段」であり、戦後七十年もたった現在では、帝国憲法の復原・改正は現実的ではない、ということだそうです。

って、うん?なんか、似たような文章を、教団の機関誌の7月号で読んだ気がするぞ??

恐らく、私の「学ぶ会は、雅春先生に学ぶと言いながら、安倍政権による憲法改正案を支持しているけど、これはおかしいじゃないか!」という指摘が、彼らにも伝わっていたのでしょう。そこで、苦し紛れの言い訳をしたわけですね。

にしても、言うに事を欠いて、普段あれほど嫌っている教団と同じことを言い出すとは、笑い者でしょう。

念のために行っておくと、私はいわゆる「教団派」の人間です。というより、谷口雅宣先生が生長の家の正統な法灯継承者であり、雅宣先生への誹謗中傷を日課としている人間が、生長の家信徒であるとは、粕ほどにも思っておりません。

表向きは「帝国憲法の復原・改正」とか「憲法新無効論」を唱えている、アクエリアンとか言う人は、結局、雅春先生の憲法論への賛同者を、安倍信者の学ぶ会へとミスリードするための役割にしか、なっていなかったわけですね。

雅春先生の憲法論の賛同者を、教団から引きはがしたうえで、雅春先生の憲法論を否定する学ぶ会に入会させる――そうやって、巧みに、安倍自民党の支持者を増やしていくわけです。

これが、「生長の家原理主義者」の、正体なわけです。


人気ブログランキングへ

普段、生長の家原理主義者を激しく非難している私ですから、ついに「谷口雅宣原理主義者」という、有難い称号を頂きました。(笑)

さらには、私にはなんと彼女がいて、夏休みには彼女と海に行く予定だという、予測も語られていました。

インドア派の私が海ですかぁ。(笑)それにしても、私には恋人はいないんだけど・・・。

生長の家原理主義者の方によると、私のブログに彼女との写真が写っていたそうです。

私のブログをどのように曲解されたのかはわかりませんが、確実なことは、彼らは雅春先生の聖典も、同じように曲解している、ということでしょう。

何度も言いますが、雅宣先生の環境問題重視の路線は、雅春先生の説かれた御教えをこの時代に反映させた場合の、必然です。

なぜなら、雅春先生が戦前に発表された『大日本神国観』では、天皇陛下よりも先に、大自然への感謝の言葉があるからです。そのことを、忘れては、なりません。

自然との共生なくして、日本国実相顕現は、ありえないのです。


人気ブログランキングへ

さて、私にはどうも、生長の家原理主義者と激しく戦っているイメージが、教団の中にもあるようなのですが(笑)、実際には、かなり穏健派――な、はず、です。

雅宣先生も、「対称性の生き方」を繰り返し、述べておられました。私なりに要約すると、小異を見ずに、大同を見る生き方、です。

だから、雅宣先生に中心帰一するということは、決して、排他的になることではなく、教団内外の同志たちと大同団結することである、と言えます。

しかし、一方で、雅宣先生も言われているように、原理主義には妥協してはならない、とも思います。原理主義者は、必然的に排他的な思想になるからです。

教団から出て言った方で、まさに「対的」な生き方をされている二人がいます。

百地彰と、四宮正貴先生です。

憲法学者で、学ぶ会の機関誌の編集人もしている百地彰は、憲法無効論を明確に否定しています。恐らく、学ぶ会がしきりに帝国憲法の復原・改正を否定する背景には、百地彰の影響があるのでしょう。

それでいて、雅春先生に学ぶ、と僭称する厚顔無恥さには、決して、妥協しては、なりません。彼らは、雅春先生の名声を、「利用」している、だけなのです。

彼らが雅宣先生を非難しているのは、雅春先生の憲法論を否定しているからではなく、安倍自民党を非難しているからである、と思われます。自民党のためならば雅春先生の御教えをも否定する彼らに、妥協することは、生長の家の御教えを捨てるのと同じことです。

一方で、四宮正貴先生は、確かに、雅宣先生のことも非難しており、そうした言動は、私は一切、賛同できません。

ただ、一方で、四宮先生は雅春先生の憲法論を現代に活かすため、南出喜久治先生の憲法新無効論を唱えられています。

この南出先生の主張である自立再生論は、生長の家の活動方針とも、おなじベクトルと向いているといえるもので、とても参考になります。

現象ですから、どうしても「小異」が生じることは、あります。

生長の家政治連合の中でも、路線対立があったことは、今では明らかになっています。

なので、私は雅宣先生の言われる「対称性の生き方」によって、大同団結していきたい、と思っているのです。


人気ブログランキングへ

あの共産党でさえ、「大阪都」構想反対で自民党と手を組んだり、「戦争参加法制」反対で民進党と手を組んだり、「大同団結」をしています。

一番、和解を説きべき信仰者が対立していて、一般に汚い世界と言われている政治家の方が、昨日の敵とも手を握る、そんな状況はおかしいわけです。

生長の家原理主義者の掲示板を見ると、安東巌という方と対立していたという人物への非難の文章があふれていました。

谷口雅宣先生だけでなく、私の両親が尊敬している多湖周子先生、さらには、教団を定年退職された荒地先生や、新教連の理事をされている貴康様など、すでに教団から離れた谷口家の人間についても、実名を挙げて、暴露しています。

荒地浩靖先生と言えば、大聖師・谷口清超先生の実家の家督を継がれた方です。青年会の先輩の中にも、荒地先生の指導を受けられていた方はおられますが、荒地先生に対する悪い話は――安東岩の支持者が匿名でネットに流した情報を除くと――全く、聴いたことがありません。

以前、荒地佳代子先生が若い頃に当時の青年会の皆様と橿原神宮に参拝されていた写真を見せていただく機会がありましたが、谷口家に繋がる方を匿名で非難されるというその神経は、私には理解不能です。どうしても、諫言したいことがあれば、自分自身の実名を挙げて、正々堂々と訴えるべきでしょう。

谷口貴康様についても、私は新教連とは立場が異なりますから、当然、私と貴康様とでは「小異」だらけである、とは思います。だからといって、私は貴康様を敵視したりは、していないわけです。

私は、いわゆる生長の家原理主義者の本当の目的は、生長の家の解体と抹殺である、と思っています。

決定的な証拠があるわけではありませんが、その「傍証」は、山ほどあります。

雅宣先生が雅春先生の御教えから外れている?そういう自分たちは、同なのでしょうか?

「差異点ではなく、共通点を見る」というのが、雅宣先生の説かれた「対称性の生き方」です。

対して、生長の家原理主義者の皆さんは、「共通点ではなく、差異点を見る」という生き方をされているそうですね。

残念なことです。


人気ブログランキングへ

2016年7月20日 (水)

変化は進歩のチャンスなのです


人気ブログランキングへ

この世の中は、絶えず変化を繰り返しています。

ある意味、変化が繰り返されるのは、恐ろしいです。

幼いころから親に甘えてばかりいた私は、大学へ進学して、一人暮らしという変化を経験するのが、怖くてたまりませんでした。

今でも、少し寂しいですし、実家にいると、落ち着きます。

しかし、恐怖を感じるほどのものでは、ありませんでした。

その最大の理由は、私のために毎日祈ってくださっている、母の存在があるからでしょう。ありがたいことです。

さて、こうした変化も「進歩のチャンス」なのだ、と、谷口雅宣先生は言われています。

なるほど、神の子の力を発揮するために、変化があるのですね。

私も、これからの長い人生で、様々な変化に出くわすでしょうが、神の子の力を精一杯、発揮していきたいと思います。

ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

2016年7月19日 (火)

《乙巳の変=657年説》を提唱する


人気ブログランキングへ

私が小学生のころから、古田史学の会やその周辺では、「前期難波宮」や「大化の改新」を巡る議論が活発になっていますが、私は個人的には、その問題よりも「乙巳の変」(天智天皇と中臣鎌足が蘇我入鹿を暗殺し、権力を奪取した事件)そのものに関心がありました。

というのも、故・古田武彦先生が生前に示唆されていたように、乙巳の変は定説で言うような645年ではなく、また、一部の古田史学の方が言われているような695年でもなく、657年なのではないか、と思っていたからです。(但し、古田先生自身は、「乙巳」という干支にクーデターが起きた事実、それそのものが「造作」ではないか、との立場のようです。)

さて、ここで、興味深い話があります。

『古事記』と『日本書紀』を読み比べると、最大の違いは、「年代」です。

『古事記』では、天皇の崩御年の干支や在位期間は、飛び飛びに記されているだけで、天皇陛下が「崩御された年の干支」と「在位された年数」の双方が記されているのは、敏達天皇から推古天皇までの、四天皇だけです。個人的には、その背景には、「倍数年歴」の問題や、いわゆる「辛亥の変」の話もかかわってくるのだと思いますが、ここでは、断言はしません。

一方、『日本書紀』においては、神武天皇から持統天皇までの天皇陛下の話が、全て、日付まで干支付きで記されています。例えば、『古事記』だと、敏達天皇の直前の欽明天皇の時代には、なぜか、崩御の時の干支も、年齢も、在位年数も、全く、記されていないのですが、『日本書紀』には、そのようなブランクは、皆無です。

そして、敏達天皇から推古天皇までの、『古事記』と『日本書紀』の年代に関する記述は、だいたい一致します。


人気ブログランキングへ

私が何を言いたいのか、というと、敏達天皇から推古天皇までの、年代に関する記事は、『古事記』と『日本書紀』で「同一」の出典となる資料を使用している可能性が高い、ということです。

さらにいうと、『日本書紀』における「神武天皇⇒持統天皇」までの「年表」が完成する前に、既に「敏達天皇⇒推古天皇」の部分の「年表」が作成されていた、ということです。

さて、古田先生は『失われた九州王朝』で、『日本書紀』「舒明天皇紀」の記事が十二年ずれている可能性を指摘し、さらに「日本書紀の史料批判」ではそれが「推古天皇紀」に適用されることを論証しました。

私も、そうした古田先生の説に、全面的に賛成です。詳しい論拠は別に述べます(古田先生の『古代は輝いていたⅢ』もお読みください。)が、『日本書紀』における推古天皇と、舒明天皇の記事は、12年、後にずらすべきである、と思います。

しかし、古代史の記録において、12年も年表をずらすと、その前後の記録も連動させなければならず、その影響はかなり大きくなります。

まず、「敏達天皇⇒推古天皇」の部分の「年表」は、確実に、12年、ズレているでしょう。

さらに、推古天皇の次の舒明天皇の時代の記録も12年ズレていることを、古田先生は論証しています。

では、その「下限」は、どこでしょうか?

まさか、日本古代史のすべての年代が、実は12年、ズレていた、等という、トンデモ説を主張する気は、ありません。『日本書紀』の記録は、どこかで、正しい年代(?)に「戻っている」はず、です。

それについて、一つの「仮説」が、浮かびました。


人気ブログランキングへ

まずは、以下の表を見てみてください。

西暦 九州年号 『書紀』編年 ヤマト王朝実編年
593 端政五年 推古一年 敏達十年
594 告貴元年 推古二年 敏達十一年
595 告貴二年 推古三年 敏達十二年
596 告貴三年 推古四年 敏達十三年
597 告貴四年 推古五年 敏達十四年
598 告貴五年 推古六年 用明一年
599 告貴六年 推古七年 用明二年
600 告貴七年 推古八年 崇峻一年
601 願転元年 推古九年 崇峻二年
602 願転二年 推古十年 崇峻三年
603 願転三年 推古十一年 崇峻四年
604 願転四年 推古十二年 崇峻五年
605 光元元年 推古十三年 推古一年
606 光元二年 推古十四年 推古二年
607 光元三年 推古十五年 推古三年
608 光元四年 推古十六年 推古四年
609 光元五年 推古十七年 推古五年
610 光元六年 推古十八年 推古六年
611 定居元年 推古十九年 推古七年
612 定居二年 推古二十年 推古八年
613 定居三年 推古二十一年 推古九年
614 定居四年 推古二十二年 推古十年
615 定居五年 推古二十三年 推古十一年
616 定居六年 推古二十四年 推古十二年
617 定居七年 推古二十五年 推古十三年
618 倭京元年 推古二十六年 推古十四年
619 倭京二年 推古二十七年 推古十五年
620 倭京三年 推古二十八年 推古十六年
621 倭京四年 推古二十九年 推古十七年
622 倭京五年 推古三十年 推古十八年
623 仁王元年 推古三十一年 推古十九年
624 仁王二年 推古三十二年 推古二十年
625 仁王三年 推古三十三年 推古二十一年
626 仁王四年 推古三十四年 推古二十二年
627 仁王五年 推古三十五年 推古二十三年
628 仁王六年 推古三十六年 推古二十四年
629 仁王七年 舒明一年 推古二十五年
630 仁王八年 舒明二年 推古二十六年
631 仁王九年 舒明三年 推古二十七年
632 仁王十年 舒明四年 推古二十八年
633 仁王十一年 舒明五年 推古二十九年
634 仁王十二年 舒明六年 推古三十年
635 僧要元年 舒明七年 推古三十一年
636 僧要二年 舒明八年 推古三十二年
637 僧要三年 舒明九年 推古三十三年
638 僧要四年 舒明十年 推古三十四年
639 僧要五年 舒明十一年 推古三十五年
640 命長元年 舒明十二年 推古三十六年
641 命長二年 舒明十三年 舒明一年
642 命長三年 皇極一年 舒明二年
643 命長四年 皇極二年 舒明三年
644 命長五年 皇極三年 舒明四年
645 命長六年 大化元年 舒明五年
646 命長七年 大化二年 舒明六年
647 常色元年 大化三年 舒明七年
648 常色二年 大化四年 舒明八年
649 常色三年 大化五年 舒明九年
650 常色四年 白雉元年 舒明十年
651 常色五年 白雉二年 舒明十一年
652 白雉元年 白雉三年 舒明十二年
653 白雉二年 白雉四年 舒明十三年
654 白雉三年 白雉五年 皇極一年
655 白雉四年 斉明一年 皇極二年
656 白雉五年 斉明二年 皇極三年
657 白雉六年 斉明三年 孝徳一年
658 白雉七年 斉明四年 孝徳二年
659 白雉八年 斉明五年 孝徳三年
660 白雉九年 斉明六年 孝徳四年
661 白鳳元年 斉明七年 孝徳五年
662 白鳳二年 天智称制一年 孝徳六年
663 白鳳三年 天智称制二年 孝徳七年
664 白鳳四年 天智称制三年 孝徳八年
665 白鳳五年 天智称制四年 孝徳九年
666 白鳳六年 天智称制五年 孝徳十年
667 白鳳七年 天智称制六年 天智一年(即位)
668 白鳳八年 天智七年(即位) 天智二年

みて下さい。青字の部分、斉明天皇と天智称制の部分の記録を、試しに、大和王朝(近畿天皇家)の記録から、「削除」してみました。

そうすると、生まれたブランクに「敏達天皇⇒孝徳天皇」の記録を12年ずらすと、綺麗にそのブランクを埋めることができます。

より正確に言うと、天智天皇が正式に即位したのは668年なので、667年の一年間だけ「天智称制」があった、ということになってしまいますが、そうした疑問も『日本書紀』をよく読むと、氷解しました。

或本に云う、六年の歳次丁卯の三月に、位に即きたもう。(天智称制六年、667年)

この記録を見ると、実際に天智天皇が即位したのは、667年だっということが判明します。

どうでしょうか?

古田先生のおっしゃられた「12年のズレ」の問題を、綺麗に解決することが、できました。


人気ブログランキングへ

関連する問題として、「斉明天皇問題」が、あります。

古田先生は、『日本書紀』の斉明天皇に関する記事は、九州王朝の記事からの登用ではないか、とされていました。

私の年表を見てみてください。

斉明天皇を「大和王朝の年表」から削除しました。この部分の記録は、『日本書紀』の編集者が九州王朝の記録から切り取ってきた、と考えるとスッキリするからです。

当然のことながら、「天智称制」の記事も、九州王朝の記録から切り取ってきたもの、ということになります。

そして、乙巳の変があったとされる皇極四年は、「645年」ではなく、「657年」である、ということになります。

この立場自体は、古田先生も『なかった』第五号の「大化改新批判」で述べておられましたが、最後まで断定されることのないまま、昨年、亡くなられました。

昨年の年末の『朝日新聞』を読んだ際、「一年間の訃報一覧」に古田先生の名前がどこにもなかった時のことは、一生、忘れることができません。『「邪馬台国」はなかった』を出版されるなどして、古田先生を有名にした張本人である『朝日新聞』が、最後の最後で、古田先生の存在を無視するという態度をとったことは、象徴的でした。

残念ながら、大化の改新に関する古田先生の意見は、最期まで完成はされなかったようです。

私もいずれ、将来的には大化の改新や辛亥の変の謎を解明したいと思っていますが、今回はその前段階として、「乙巳の変」に関する意見を、ブログ記事の形ではあるものの、掲載させていただきました。

多元的古代史間の立場に立つ、多くの皆様のご意見を聞かせていただきたいです。

読んでいただき、ありがとうございました。

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ポゥヨゥ・ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※ポゥヨゥ・ベジタリアンは魚介類や鳥類は食用します。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の1%が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

2016年7月13日 (水)

参院選後のジョーク


人気ブログランキングへ

【自民党、圧勝?】

自民党の若手議員らが集まって、選挙後の打ち上げをした。

議員A「しかし、今度も自民党が圧勝して、良かったですね!」

他の議員「・・・・・・。」

議員A「うん?みんな、どうしたの?」

議員B「もう、ここで選挙の話はしないでくれ。」

議員C「自民党は、単独過半数も維持できなかったうえに、宿敵・小沢の擁立した候補者は、全員当選してしまった。」

議員D「これ以上、選挙の話をすべきではない。今日の打ち上げでは、参院選の事なんか、忘れよう!」


人気ブログランキングへ

【野党共闘の成果】

民進党「くそっ、野党共闘は不発に終わっただけじゃないか!投票率も低下して、大損だ!」

共産党「いや、投票率が若干上がったから、私たちは思ったよりも票が伸びなかった。」

連合「ハッハッハ、低投票率万歳!お陰様で、民進党は我々の組織票に頼ってくれる!落選議員の皆さん、今度当選したかったら、電力総連と日教組の要望を聞いてくださいね♪」


人気ブログランキングへ

【連合の要望】

最大野党・民進党からは、電力総連にゼンセン同盟といった、連合系の組織内候補が次々と当選、民進党は連合の要望を受けた政策を発表することにした。

ゼンセン同盟「私たちの要望は、経団連と一緒ですよ~。そもそも、経団連の会長も私たちと同じ繊維業の人だし、利害は一致しているわけで、自民党と民進党が連立してもいいと思っています。

日教組「高校生の政治活動の届け出制は、そのままにしてね。生徒に政治活動をされると困るから。だけど、教職員の政治活動は規制するなよ?

電力総連「原発再稼働には反対しないでね。でないと、私たちが労働貴族としての生活を送れなくなるから。


自民党「最近の民進党の政策、我が党に似てきていないか?」


人気ブログランキングへ

【谷口雅春先生を騙る会】

谷口雅宣先生「谷口雅春先生を学ぶ会は、原理主義者です!」

学ぶ会「何を言っている!私たちは、雅春先生が唱えられた帝国憲法復原・改正を支持していないから、原理主義者ではない!むしろ、安倍政権による人権抑圧を目的とした憲法改正に賛成したり、雅春先生が「憲法9条だけを下手に変えると逆にアメリカの属国化が進む」と言いたことは無視して安保法制に賛成したりしているのに、こんなに雅春先生の教えを無視している私たちのどこが原理主義者なんだ?


人気ブログランキングへ

【新左翼のスパイ?】

生長の家原理主義者の会合――

「全く、今の教団は共産党と組むとはけしからん!」

「そうなんですか!谷口雅宣は共産党と組んでいたんですか!」

「そうだとも!雅宣はアカだ!」

「いや、野党統一候補を支援しただけで、アカ扱いはないでしょ。」

「ネットで調べた情報だが、民進党の議員の多くは在日らしいぞ?」

「なんだと!?在日がどうして、国会議員に当選しているんだ?」

「いやいやいやいや、そんなデマを信じている馬鹿は、志恩とかいう政治に無知と自覚している一部の本流派か、情弱のネトウヨぐらいだから。」

「雅宣は学生時代、新左翼だったという情報が、匿名掲示板に書かれておる。」

「なにぃぃぃぃ!あいつは、新左翼のスパイだったのか!?」

「新左翼のスパイだから、共産党を支持しているわけか!」

「すみません、若い頃に新左翼の学生と戦ったと自慢しているあなた方が、新左翼が共産党を支持すると本気で思っているとしたら、認知症を疑われますよ?」

「これだから、教団はダメなんだ。学ぶ会の信徒で、自民党の政調会長にまで上り詰めた、稲田朋美を見習うといい!」

「あのう、稲田朋美こそが新左翼の革共同系のラディカル・フェミニズム団体と共闘している張本人なんですが・・・・。」


人気ブログランキングへ

【大連立】

安倍「憲法改正をしたいのだが、次の衆院選で野党共闘をやられると、三分の二までは行かない可能性もある。どうしたらいい?」

側近「それには、いい手があります。野党を切り崩して、大連立を行うのです。」

安倍「おおさか維新の会との大連立かね?」

側近「いえ、日本共産党との大連立を行います。」

安倍「共産党は護憲派じゃないのかい?」

側近「いや、共産党は完全な護憲政党ではなく、将来的な改憲を示唆していますので、いずれかの条項の改正で合意は可能かと。」

安倍「それはいいね!何より、共産党の固定票を入ると、私の政権も安泰だ。」

側近「では、どこの条項の改正を共産党に提案しますか?」

安倍「別に、憲法を改正できるのなら、どこでもいいよ。それで、私の名前が歴史に残るのならば。

側近「もしも、共産党が憲法第1条の改正を要求してきたら、どうしますか?」

安倍「いいんじゃない?1条改正をした総理、って、歴史に残りそうでいいね。――ところで、憲法第1条を改正したら、どうなるの?」


人気ブログランキングへ

【公安警察のお仕事】

二度と、仲間が学生に捕まるなどという失態を起こさないように、公安警察は政権批判を行った者の全員逮捕を目的として、マニュアルを作った――

右翼・市民活動家⇒街宣車や広報車を運転している際に、『道路交通法』で現行犯逮捕

評論家・大学教授⇒痴漢冤罪で現行犯逮捕

サラリーマン⇒『道路交通法』違反で逮捕

オタク⇒『著作権法』を改正して著作権法違反を非親告罪化し、政治家に関するパロディ動画を作ったりしたら、著作権侵害で逮捕

生長の家信徒⇒聖経の写経を行っていたら、著作権侵害で逮捕

若者⇒性的同意年齢引き上げと性犯罪の非親告罪化を行い、男子はみんな強制わいせつ罪で逮捕

過激派学生⇒近づかないこと!これ以上、警察官が学生に捕まる失態を犯していたら、警察の威信にかかわる!!


人気ブログランキングへ

【憲法改正】

安倍晋三「今回の憲法改正は、共産党も協力してくださり、まさに自主憲法にふさわしい憲法となりましたから、国民の皆様には、ぜひ、賛成していただきたいと思います。」

自民支持者「おお!共産党にも憲法改正案を呑ませるとは、さすが安倍さん!」

志位和夫「今回の憲法草案には、共産党の意見も最大限に反映されたので、国民の皆様には、国民投票で是非、賛成の票を投じていただきたいと思います。」

共産支持者「おお!今回の改憲草案をよく読むと、さりげなく私有財産制の否定が盛り込まれているぞ!これぞ、まさしく革新的な自主憲法だ!」


人気ブログランキングへ

2016年7月10日 (日)

捨てることからも、得ることからも、解放される生き方


人気ブログランキングへ

生長の家の生き方は、何かを犠牲にして幸福になる、とか、何かを我慢することによってあの世で幸せになる、とか、そういう、ケチな生き方では、ないのです。

谷口雅宣先生のFBには、こう書かれています。

何かを得るために、何かを捨てる――こういう選択の苦しみからも解放されるのが、生長の家の御教えなのです。

私は、大学でも、買い物でも、政治活動で出かけるときも、常に、生長の家の聖経と讃歌と聖歌とを、持ち歩いています。

何か、決断を迫られて悩んだ時には、讃歌を読むと、心が落ち着きます。

「何を捨てるか、何を得るか」では、ないのです。実相では、すべてのものが与えられているのですから。

そのことを感じると、思い切った決断もできます。

だからこそ、楽しい毎日を送ることができるのです。

ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

2016年7月 5日 (火)

生長の家原理主義者「河野洋平は保守派です!」


人気ブログランキングへ

なんか、最近、生長の家原理主義者の志恩とかいう人が、私のブログや写真を某匿名掲示板に転載しまくっているらしいのですけど、まぁ、私のことを宣伝してくださるとは、ありがたいことですね♪

良識ある多くの国民は、安倍政権や生長の家原理主義者を支持していません。原理主義者の皆様が、私について宣伝すればするほど、私は良い意味で有名になります。ありがたいことです。

うん、生長の家原理主義者の皆様も、この私を有名にすることによって、善業を積まれているわけですよね。素晴らしい!!

なんだけど、その志恩さん、最近、トンデモナイ発言を繰り返されています。(笑)

最新のが、こちら!

4643 :志恩:2016/07/05(火) 07:53:15 ID:6hRUvSRg

昨日の夕方、横浜の日吉駅前にある慶応大学のところに用事があり、行きましたら、慶応大学の正面入り口前に、選挙カーが止まっていて、慶応の学生がほとんどでしたが一般人も混じって、黒山の 人だかりが できていました。

どこの党の人が来ているのかと思いましたら、自民党の神奈川県の候補者が来て演説しているところでした。

一番前の横が空いていたので、私は、一番前の隅っこに立って聞くことにしました。

すると、立候補者の話が、ちょうど、終わるところで、、次に、応援に来ていた、麻生太郎と 河野太郎が、演説しました。

普通は、選挙カーの上に立って、演説するのに、昨日は、地面に ハッポースチロールの箱を置き、そこに乗って、皆さん、演説していました。

麻生太郎は、話が、上手で、学生さんたちが、盛んに 拍手していましたよ。

(中略)

つい最近、ここへ来た時は、新進党 の立候補者が来て、昨日と同じように、慶応大学の前に選挙カーを止め、演説していましたが、その時は、誰一人、学生は立ち止まらずに、通り過ぎて行っており、一般人も誰一人、立ち止まって聞いている人は、いませんでした。

そういう場面にも、私は出くわしました。

麻生太郎さんが、演説の最後に言った言葉、覚えています。

「気をつけよう、甘い言葉と統一候補」

4644 :神の子さん:2016/07/05(火) 08:11:28 ID:/kcOqIh6

>>4643

おお!河野洋平の後継者である麻生太郎を称えるとは、さすが、唯物論左翼だけはある!

そして、なんと、志恩さんはタイムマシンも持っていたらしい。(笑)

>つい最近、ここへ来た時は、新進党 の立候補者が来て、昨日と同じように、慶応大学の前に選挙カーを止め、演説していました<

岡田とおんなじミスをするなよwwww

4646 :志恩:2016/07/05(火) 10:00:34 ID:6hRUvSRg

新進党でなくて、民進党でした。訂正します。書き間違いです。

私は、応援演説に来た麻生太郎と河野洋平については、なんとも思っていません

あの、悪名高い『河野談話』(歴史的に存在しない従軍慰安婦問題での強制連行を事実上認めた談話。後に自民党総裁となる河野洋平が官房長官時代に発表した。)を発表した河野洋平について「なんとも思っていません」という時点で、彼ら生長の家原理主義者が「右翼の仮面をかぶった左翼」であることがばればれなのだが、まぁ、このぐらいだとよし、としよう。

なんせ、安倍政権は『河野談話』以上の歴史改竄の産物である『日韓慰安婦合意』を行ったのに、その安倍政権こそが真の保守勢力である、と盲信しているのが生長の家原理主義者だもんね♪


人気ブログランキングへ

3790 :志恩:2016/07/05(火) 17:48:01 ID:6hRUvSRg

麻生太郎は、あれこれあって、河野洋平の派閥に属していて、

河野洋平の後継者という名目になっていますが、河野洋平と麻生太郎の政策には、全く相容れないものがあるのだそうですね。

河野太郎についても、お父さんの洋平は保守派の考え方の人ですが、息子の太郎は、昔から、自民党ではあるけれど、リベラルの考え方の人間で、官邸に噛み付くような人間なのだそうです。

生長の家だってそうでしょう、3代目の後継者は、創始者の考え方とは、正反対の考えの方の人ですしょう。

ですから 麻生太郎が河野洋平の後継者だということでも、同じ考え方では、ないということも、言えると思います。

派閥のことは、ダーティな世界のことみたいなので、私は、あまり知りたくありません。

3791 :法の精神:2016/07/05(火) 17:53:03 ID:16dou6o.

志恩さんの名言!!!!!!

「洋平は保守派の考え方の人です」     (大爆笑)

>河野太郎についても、お父さんの洋平は保守派の考え方の人ですが、息子の太郎は、昔から、

>自民党ではあるけれど、リベラルの考え方の人間で、官邸に噛み付くような人間なのだそうです。

やっぱり、生長の家原理主義者って、右翼の仮面をかぶった左翼ですね♪

「河野洋平は保守派だぁぁぁぁぁ!!!!自民党は保守政党なんだぁぁぁぁぁ!!」

という、デタラメをどんどん拡散して、知能の弱いナンチャッテ右翼を唯物論左翼の安倍政権に誘導してあげてね♪

これ、志恩さん、ネタで言ってるんですよね?(笑)

面白いネタを言ってくれたということで、感謝しますね♪

谷口雅宣先生が谷口雅春先生と正反対の考え方って、初耳なんだけど(笑)、まぁ、志恩さんは、きっと、『大日本神国観』で天皇陛下よりも先に大自然への感謝の言葉があることは知らない百も承知で、受け狙いでこのような発言をされているのですよね?

ところで、河野洋平は保守派って、マジっすか!(笑)

ちょっと、志恩さんにとっての「保守」の定義を教えてほしいですよね。失礼、受け狙いの発言にマジレスして、本当に申し訳ないです!

愉しい話を提供してくださり、本当にありがとうございます!!

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・胎児・障碍者・薬害被害者・少数民族の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

【お知らせ】

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ポゥヨゥ・ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※ポゥヨゥ・ベジタリアンは魚介類や鳥類は食用します。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

2016年7月 4日 (月)

百地彰さん、生長の家の御教えの原点に返ってくださいね…


人気ブログランキングへ

百地彰さんも、神の子なのです。

ただ、一度、生長の家の御教えに触れておきながら、そこから外れてしまったのは、残念なことです。

ここで、溝口佐知子先生がシェアしている文章は、日本会議理事で「谷口雅春先生を学ぶ会」を名乗る団体の幹部である百地彰氏の文章です。

生長の家創始者・谷口雅春先生は、日本国実相顕現のための『大日本帝国憲法』の復原・改正を訴えられたのですが、百地彰氏や「谷口雅春先生を学ぶ会」を名乗る団体は、こうした雅春先生への御教えを換骨奪胎して、前近代的な安倍政権の憲法改正案への支持を訴えています。

こうして、生長の家の御教えを歪めて、利用する人たちが出てくるのは、誠に残念なことです。

安倍政権の憲法改正案の問題点については、一部は過去にこのブログでも紹介したので、気になる方は「憲法論」カテゴリーの記事をご覧ください。

新政未来の党の小冊子『憲法論議を国民の手に!』でも、この問題について触れています。


人気ブログランキングへ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

フォト
無料ブログはココログ