« 生長の家とは実相世界の事である | トップページ | 天皇陛下に申し訳ない »

2016年9月26日 (月)

香港の学生運動に思う


人気ブログランキングへ

日本では、香港の「雨傘学生運動」について、非常に偏った報道しか、されていない。

(あたか)も、「中国政府の独裁統治に対して、香港の学生が民主化を求めて立ち上がった」かのような目線で、報道している。

しかし、ちょっと、待っていただきたい。

今年の香港特別行政区立法会選挙では、香港の急進的な独立派である「本土派」が、3人も当選している。

もしも、本当に中国が、香港で独裁政治を行っているのであるならば、本土派の人間は、当選はおろか、立候補すら、できなかったはずである。

香港では、立法会においては、一部ではあるものの、直接選挙制度が施行されている。

実は、香港は、イギリス統治時代から選挙制度がなかなか導入されず、直接選挙導入は、中国に返還される直前の、1991年になってからであった。

中国政府は、2017年からの香港行政長官の直接選挙導入も提案していた。しかし、雨傘運動の学生たちは、選挙制度の改革が不十分だとしてそれを拒否し、逆に、間接選挙のままの古い制度が残ることと、なってしまった。

本当に、これでいいのであろうか?


人気ブログランキングへ

« 生長の家とは実相世界の事である | トップページ | 天皇陛下に申し訳ない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660159/67397053

この記事へのトラックバック一覧です: 香港の学生運動に思う:

« 生長の家とは実相世界の事である | トップページ | 天皇陛下に申し訳ない »

フォト
無料ブログはココログ