« posting joy 終了について | トップページ | 自他一体の自覚を深めて四無量心を行しよう! »

2016年9月 3日 (土)

日本国実相顕現こそが御教えの真髄ではあるが・・・


人気ブログランキングへ

イエス――ユダ、なかなかいい身振りで説教していたね。お前の説教ぶりは悪魔のように旨いものだ。
ユダ――エヘヘ、神の子のように旨いもんだとおっしゃって下さいよ。先生は言葉の力というものをお知りでしょう。神の子でも悪魔だと言っていると悪魔になりますよ。悪魔でも神の子と言っていますと神の子になりますよ。
(中略)
イエス――(説教する)皆さんに言っておきたいことがある。(略)その人の実相を見さえすれば、みんな神の子であるから、みんな善人であるから、どんな人間も信じてよい、どんな人間の前でも大びらに真理を説いてよいとは思うな。(頭注版『生命の實相』第31巻「宗教戯曲篇 上」より)


人気ブログランキングへ

私は、生長の家の御教えの真髄は、日本国実相顕現であると思います。ただ、「無資格者」の私が、不特定多数の見るインターネット上で、この宏遠なる真理を説くのは、極めて問題のあるところでしょう。

ここで概略だけを言わせていただくと、日本国実相顕現というのは、現象世界における小国・日本を、どうのこうのする、という話では、ありません。

実相世界に存在する「大日本世界国(ひかりあまねくせかいのくに)」の実相を、この現象世界に顕現することが、日本国実相顕現というものであり、「平壌政府」や中国を打倒して日本が世界を征服する思想でもなければ、逆に、中国や「平壌政府」に対する自衛力を高めて、彼らが侵略してくると反撃を行い、日本国内だけの平和を保つような、そういうショボイ思想でもない、そうではなくて、日本も中国も、世界中のすべての国が、各々個性を有したまま、単一の世界を築き、世界平和・万物調和の世界を実現する――これが、日本国実相顕現というものです。

主体と客体は一体であり、国民の実相が顕現されると天皇陛下の実相も顕現され、日本国の実相が顕現されると世界の実相が顕現され、人類の実相が顕現されると有情非情ことごとくの実相が顕現される――これが、生長の家の御教えの真髄である、と私は思っています。


人気ブログランキングへ

さて、この「日本国実相顕現」の御教えについて、インターネットで調べる際、気を付けなければいけないことがあります。

数年前、某元本部講師が総裁先生への「公開質問状」なるものを出し、その中で

「安保関連法案は日本という家の錠前を、外すのが簡単なものから難しいものにしよう、ということ。簡単に外せる錠前では、外国が容易に戦争を仕掛けてくる。外すのが難しくなれば、外国が戦争を仕掛けてくる度合いも低まり、平和を維持することができる。安保関連法案は日本を戦争ができる国、戦争をする国にするためのものではない。日本を戦争を仕掛けにくい国にするためのものだ。」

等という、デタラメを記していました。彼は東大卒で、普及誌の編集長まで務めた人物であり、このような安倍政権のデマを信じるバカでは、決してないのであります。

つまり、彼は、デマだとわかって、総裁先生を攻撃するために、そうした文書を発表したのです。総裁先生も、「安保関連法案は日本という家の錠前を、外すのが簡単なものから難しいものにしよう、ということ」だという、一部の老害保守やネトウヨしか信じないようなデマを彼が本気で信じて、大真面目に質問しているとは、とても思えないので、彼の質問を無視したのだと思います。

では、どうして、彼はそのようなデマを、流したのでしょうか?

一応、私は彼に対して「今の自民党政権が、日本本土の防衛、離島の防衛に無関心な決定的証拠として、維新の党が離島防衛・国土防衛のために、いわゆるグレーゾーン事態において自衛隊が出動しやすくするための法律である『領域警備法』案を提出したにもかかわらず、自民党はこれを否決しました。このことを●●さまが知らないはずはないと思いますが、岡さまはこの件についてどのように思われているのですか?」という内容のメールを送りましたが、彼は無視しました。恐らく、彼の本音は「そんなこと、百も承知だ。俺の本音は、日本を守ることなんかじゃないんだ。」ということでしょう。

彼は、表向きは、日本国実相顕現と言っています。今回も、総裁先生の与党不支持の声明が、恰も日本国実相顕現の御教えに反する、とでも言いたげな文章を発表しています。

しかし、彼は、安倍政権の流したデマを平気で拡散し、それを基にした「質問」なるものを、総裁先生につきつけるような、人物です。

彼が総裁先生に行った質問は、小沢一郎先生に古市憲寿が行った質問と同類で、相手への嫌がらせが目的であることは、明白です。そのような人間が説く、「日本国実相顕現」の教えなど、一顧の価値もありません。

彼は、真理を利用しているだけ、だからです。

でないと、安倍政権のデマを拡散するわけが、ないでしょう。(繰り返しますが、東大出身の元本部講師が、安倍政権のデマを本気で信じるほどのバカであるはずが、ありません。当然、デマとわかってそれを拡散しているのです。)


人気ブログランキングへ

このように、インターネット上では、「日本国実相顕現」の御教えを利用して、総裁先生への嫌がらせを行っている人たちが、います。彼らは、総裁先生を攻撃するためならば、平気で嘘を吐きます。

怖いのは、彼らは嘘を吐くことに、罪悪感を感じていない、ということです。

その背後に何が存在するのか?については、いずれ別の場で書かせていただきたいと思います。私は現在、『新政未来』に連載している「地球環境と生命倫理を考える」で、こうした問題の背後について、歴史的経緯を若干は触れていますが、連載が進むにつれて、生長の家の分裂との関係についても述べるかも、知れません。

本当の日本国実相顕現の御教えは、インターネット上のブログに軽々しく表現できるような、浅い教えでは、ないのです。

私の個人的な考えにすぎませんが、日本国実相顕現の御教えを実践するには、宗教面では生長の家の総裁に中心帰一することが、社会面ではいのちを守る親の会に協力することが、政治面では新政未来の党に入党することが、一番の近道でしょう。

あくまで、私の個人的な考えですので、異論のある方はコメントをどんどん投稿してください。興味深いものがあれば、また、ブログで返信させていただきます。


人気ブログランキングへ

« posting joy 終了について | トップページ | 自他一体の自覚を深めて四無量心を行しよう! »

コメント

例の掲示板でのやり取りを見ましたが、本当にひどいですね。
日野さんは、あくまで敬語調で投稿しているのに、向こうは「俺は社会人なんだ!学生のくせに、生意気なことを言うな!不愉快だ!!」とでも言いただけな雰囲気が伝わってきました。
出典不明の文章を、勝手に日野さんの文章だと強弁したり、一体、それが社会人のやることなのでしょうか?
日野さんを応援しています。

もう、暴走君がこの投稿をした時点で、勝利したんだよ。

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11346/1422093979/3137

最後まで、丁寧に文章を書き続けた暴走君に対して、訊けという奴は何と言った?「ソープに行け」だと?

暴走君、もう、そんな奴の相手はするんじゃない。

仮にも生長の家の信徒が、学生相手に「ソープに行け」って・・・・・。
本当に、信じられませんね。

私は、青年会のグループに投稿していた日野さんのツイキャスを除いて、そこで「AVを禁止すべき」という日野さんの話を聴き、それ以来、ファンです。「ソープに行け」という人とは、対照的ですね。
彼は、世の中の女性全てを敵に回しました。
女性は性欲のはけ口ではありません。そんな考えで、経営者をやっているって、全く、信じられません。

>女性は性欲のはけ口ではありません。そんな考えで、経営者をやっているって、全く、信じられません。

世間知らずのお嬢様、って感じの文章だなw

そういうおっちゃんは、山ほどいるよ?


 御教えの真髄をここまで解している若人が、どうして、今回の公開質問状を「デマと決め付けているのか」がいまだ、理由不明である。いや、そもそもデマとはいったい、どう云ったものになるであろうか。今回はその事から確認をしていった方が良さそうであるので例示するが、たとえばデマとは、「雅春先生の御教えとは総裁職を承継した者にしか解せない」と言ったもの、つまり、「無根拠の決め付け」的な言葉になると思うのであるが、いかがであろうか。「総裁職を継承した者にしか解せないと思いますが、当方は間違っておりますか」と問いかける者までも、デマを拡散する者と弾劾されねばならぬいわれが、あるのであろうか。そしてそれが、「大日本世界国(ひかりあまねくせかいのくに)」実相顕現後の世界とでも、日野氏は主張なさるおつもりなのであろうか。

 説明を続けよう。

 さて、岡正章先生だが今回同氏は、「デマを拡散したことになる」と云うのだろうか。総裁への質問状、そのかたちを採りデマを拡散したか否かここで、再度、岡先生の質問を読んでみよう。

○ <参考資料>岡正章先生からの公開質問状http://blog.livedoor.jp/seimeinojissoh/archives/43657691.html

 と、云うことでどこにもこの種の無根拠の決め付け、そんなものは存在しない。

 確認頂けると思うのであるが、同先生の問いかけは終始一貫している。それは「総裁への質問」なのであって、デマの拡散などでは、ないのである。自明の事であるが、「~である!」てな断定箇所もあれど御文章背景には常に、謙虚さがある。それは「総裁先生、当方は間違っておりますか」と云う問いかけであり、かつ、「間違いあらば当方へご指摘くださいませ」という知的誠実さ、その点も読み取れる。

 さて、この公開質問状内容の、いったいどこがデマ拡散なのであろうか。

 ところで、たしかに同氏主張には「当方からは疑問に思う箇所は多々存在」する。集団的自衛権に関する箇所は特に、そうであるがしかしながら、それでも、「意見は異なるとは申せ、この御文章をデマと一蹴できる要素は存在しない」のである。これが率直な当方の感想なのであるが、日野氏はいかがお考えであろうか。「体裁を整えたダケの悪文」ってな感想を日野氏レスへ返答として寄せた当方だが、当方から見れば日野blog記事は「意見の異なる者を排斥するだけの目的で書かれたもの?」、そう解さざるを得ない要素に満ちている。その点は伝わるであろうか。

 大切な点なので以下再度強調するが、岡先生御主張の国防マターは、当方も疑問を覚える。しかし、これを「デマだと非難されねばならぬ理由」であるが、そんなものはない。同先生問いかけには謙虚さと同時に、知的誠実さが存在する。

 
(つづく)



 さて、二点目の疑問に移るが「総裁による報復人事」の件である。これに関して日野氏は、いかがお考えなのであろうか。「大日本世界国(ひかりあまねくせかいのくに)」実相顕現後の世界では、マチガイを主張した者は「理由も説明されず突然に粛清される」とでも、御主張なさるおつもりなのであろうか。

 語を接ぐが岡先生御主張、その中味には疑問を覚える箇所が存在する。しかし、だからとて、間違えを主張したからとて「いきなりの粛清」というのは、おかしくはないであろうか。集団的自衛権、ここの解釈に疑問を覚えるならば堂々、その旨を主張し議論をすればよいのではないか。「間違いを書いた(日野氏に拠れば「デマを流した」であるが、それはさて置き)故に岡氏は追放されて当然」、これが日野氏の御主張のようであるが、気はたしかなのであろうか・・・・・・・・・・

 と云うことで当方主張をまとめるが、


○ デマじゃないだろ?
○ 粛清ってなに?

 というものになる。

 日野氏は岡先生御主張をデマと一蹴し、そして、粛清は当然という趣旨の御主張をされておられるが、気が触れていなければそんな主張を展開することは難しい。なので当方はからこの若者へ向けての言葉、それは、「小僧、ソープへ行け」としかレスできぬ現在なのである。「そりゃオレだって岡先生御主張、全部に同意するものではないぜ?」なのであるが、「しかしそれでも、『デマではない』だろう」なのですね・・・・・・デマ拡散目的であの文を公開した、そう主張できる根拠を日野氏はお持ちなのであろうか。もしもそれがないならば謝罪文、これを書くべきだし、それも出来ぬのであればソープでの修行を勧める次第、そんな意味になる。さらに「間違いはあれども、いきなりの粛清はOKなの?」が二点目になる。「キミは実相顕現後の世界では、マチガイを主張した者は理由も説明されず突然に粛清される、とでも、御主張なさるおつもり?」が当方が、問いたい点と云うことであり、意味するところは「岡先生の主張、たしかにオカシイ点はあるよ?けど、即時粛清なの?生長の家では・・・・・」になるのであるが、伝わるであろうか。

 いやホント、大丈夫なのであろうか。大丈夫なのであれば謝罪文を書くべきだし、大丈夫でないとするならばやはり「小僧、ソープへ行け」である。


追伸

 「ソープ、ソープ」と連呼してさしあげた。日野氏シンパにおかれては当方の、この言葉遣い(ダケ)をネタに、的外れな非難をされればよろしい。「ヒドイ!経営者とは思えない!」「女を差別してる!」等々の、もはや、「なんの話かわかんなくさせる」のがシンパの任務といえようから。

岡氏の追放なんか、そもそも、論点ではありません。
それよりも、訊けさんは、「ソープに行け」発言が、生長の家信徒として正しい発言だと思っているのですか?

>デマ拡散目的であの文を公開した、そう主張できる根拠を日野氏はお持ちなのであろうか。<

日野さんは、ちゃんと、その根拠も書いています。

>彼は東大卒で、普及誌の編集長まで務めた人物であり、このような安倍政権のデマを信じるバカでは、決してないのであります。<

まさに、仰る通り!
岡さんが、国防の問題で、そんな初歩的なミスをするわけが、ないのです。彼は、自分が言っていることがでたらめだと理解したうえで、そんな質問状を書いたのです。

>「キミは実相顕現後の世界では、マチガイを主張した者は理由も説明されず突然に粛清される、とでも、御主張なさるおつもり?」<

訊けさん、勝手に話を反らしては、いけません。
若い頃から愛国運動を熱心にされていた岡さんが、国防という重要な問題で、マチガイなどとおかすとでも、思っているのですか?
岡さんは、マチガイなどしていません!わざと、デマを流しているのです!根拠ならありますよ?岡さんは、東大卒で普及誌の編集長まで務めた秀才じゃないですか!そんなに賢い人が、マチガイを犯すとでも、本気で思っているのですか?

>日野氏シンパにおかれては当方の、この言葉遣い(ダケ)をネタに、的外れな非難をされればよろしい。<

あんただって、「岡先生を呼び捨てにするとは、信じられない!」という旨の、言葉遣いを問題にして暴走君を非難したじゃないか。

しかも、暴走君が岡氏を呼び捨てにした、という出典をいまだに出していないし。

和解第一党とかいうのも、出典をいつまでたっても出していない、このことから真相は明白ですね。


>>たかしクン

 キミもオモシロイな。いや、青年会(って云うんだっけ?)は逸材揃いなのかね。「東大卒がマチガウとお思いか!!」とか真顔で聞かれるとは、考えてもいなかったよ(笑)「マイチガウ事だってあるわい!東大だって(笑)」なんだけどもこれ、キミ、私から笑いを取ろうとしてるんだよね。(うん、座布団3枚だこの、「東大はマチガワナイ!」は)

 あと、たかしクン、キミにリクエストがあるんだが「ぜひ、ソープの話を膨らませて」くれ給え。そしてこのやり取りだけど、「あれ?なんの話だったっけこれ?」に、しちゃうんだ(笑)

 それが、キミの役目だ。さもないと日野くんだが、この、当方が提示した論点に答えざるを得なくなってしまう・・・・・・・それはたまらない。そうなる前に早く、ソープの話を拡げてこの訊けを、人格破綻者か何かに仕立て上げなきゃ。

 がんばれよ(笑)そして、なかなか良かったぞこの、「東大卒がマチガウとお思いか!?」な、真顔問いかけは(笑)


>「マイチガウ事だってあるわい!東大だって(笑)」

ただの東大卒なら、間違えることもあるでしょう。

しかし、彼は、ただの東大卒では、ありません。生学連で活躍し、『理想世界』の編集長にもなった、天才なのです。若い頃に原理研や革マル派に所属していた人間と一緒にしてはいけないのです。

もう一度、私の文章を読んでください。

「若い頃から愛国運動を熱心にされていた岡さんが、国防という重要な問題で、マチガイなどとおかすとでも、思っているのですか?」

それにしても、訊けさんは、また話を反らしていますね。

私「若い頃から愛国運動を熱心にされていた岡さんが、国防という重要な問題で、マチガイなどとおかすとでも、思っているのですか?」

訊け「マイチガウ事だってあるわい!東大だって(笑)」

相手の質問に正面から答えない、日野さんが「生長の家の御教えの真髄を教えて下さい」と言っても、言を左右にして遂に答えなかった男の性格が、現れています。


>>たかしクン


 いやホント、面白いね。真田丸、ならぬ此処「日野丸」は。そしてキミみたいな「日野数有志」がいて(註:「勇士」にしとく?やっぱ)・・・・・・もうホント、イイ働きをするじゃないか(笑)

 もうね、「話を逸らしている者」なんだけど恰も、日野クンではなく「訊けだ」と、そう思えてきたよ(笑)

 キミの文章だけど、そう思えてきた。この、当の本人すらがそう、思えてきたんだからタカシくん、キミの働きは実に貴いね。そしてこの種の印象操作だけど、やっぱ、数が勝負だね。もう少しこの種の決め付け発言だけども、「量を増やすとよい」よ(笑)。また余談だけども話しは「逸らす」、な。(「反らす」のは身体だからな)誤字は印象操作上で、最悪。人格破綻してんのは日野&タカシではなく「訊けである!」、そっちの方向へ持っていくのがキミの役目なんだから、誤字は注意な。日野&タカシ側だったか!人格破綻者は・・・・・・・・・そうならない様にスルのが、キミの役目な(笑)

 さて、・・・・・・・・・・いや、もう、ホント(笑)

 何から語ろうか(笑)

 そしていや、突然だけどたとえば「私の台湾滞在記」にしようか。これを材料に、話をしてみようかと思うが、何の関連かと申せばその「岡先生=デマ拡散犯」になるんだ。聞く気はあるかね?この「訊け台湾滞在記」なんだけども。・・・・・・・・・・いや、日野クンが逃げて行ったから客席、ココを温める必要があるだろ?
 
 聞いてみる?この、「台湾滞在記」。

 「岡先生=デマ拡散犯」に関連するところのテーマ、なんだけどまあ、反論不能になった際は、その得意の決め付け技を駆使しなさいな。曰く「訊けさん、話を反らさないでください(キリッ)」になるんだがコッチは「逸らしてなんか、ないよね(笑)」なんて(身も蓋もナイ)レスは、入れたりしないから(笑)

 まあ、しっかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・日野クン、完全に逃げて行ったね。

 負担は前座のキミかかっているワケだが、お役目ホントにご苦労さん。これからも、笑わせてくれよ。

追伸

 あと、日野クンやり取り終了後は、こんな記事を作成してもよい?許可を頂きたいのだけども、「タカシくん発言集」(笑)その作成許可だ。

 いや、ホント、キミは逸材だ。たとえば逸らしてもイナイ相手に向かって「訊けさん、話を反らさないで」とか・・・・・・・・・・・逃げてんのはオマエじゃ!そんなツッコミ等を後日、もう、まとめて掲載とか。

 許可はもらえる?日野クンやり取り終了後になるけど「訊けからのツッコミ集」だ。いや、ツッコミの来ないボケってのは「死蔵された不良在庫」、みたいなもんだろ?商人からすると、「もったいない」なのであってなんとかして、助けてあげたくなるものなのよ(笑)

如何にも中身があるようでない文章を投稿されていますね。とりあえず、誤字の指摘、ありがとうございます。
「台湾滞在記」よりも先に「生長の家の御教えの真髄」を日野さんに教えてあげるのが、「年長者」としての責務だと思いますが、どうせ台湾問題を語るのであれば、台湾の風俗街ではなく、もっと高尚な話をしてくださいね。
例えば――

http://nipponkakuryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-6964.html
http://nipponkakuryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-20c3.html
http://bousouwakoudo.hatenablog.com/entry/2014/02/11/151821

こういう、目から鱗が落ちる感じの、台湾問題の論考でも、書いてほしいと思います。


>>たかしクン


 前座のお役目、ご苦労さま。そして、うん、キミは印象操作の基本を身に付けておるね。

 感心した。

 「如何にも中味がありそうでナイ文章を」なんて書けばそれ、たかしクンは「かなり中味の濃い内容を投稿してる!」ってな風に、思えてくるよ、当方も(笑)「核心には触れず、話を逸らし続ける訊け!」、もう、そんな風に決め付けていけば「はあ?もう既に、その話(真髄)、開始してるんだが」な当方主張も霧散するだろう・・・・・・

 不思議だね。

 そして、貴いお役目だね、タカシくん。

 まことにご苦労さん。

 ・・・・・・・・・って事で、さて。

 前座としてお約束の「台湾滞在記」を記してみよう。

 そしてこれ、残念ながらキミが期待する風俗レポートではなく「岡先生=デマ拡散犯!」に関連するものに、ナルんだけれども、読んでくれるかい?(長く書くとたかしクンのオツムに負担になるだろうから)まあ、こんな感じで略記してみるよ。内容は以下の如し、なんだけども。


 ・・・・・・・・いや、ある日突然、ある台湾女性から「あなた、日本人ですよね?」と聞かれて、ハイって答えたのね。そしたら、そんな当方に対しその女性は「Aっていう俳優、ご存知?」と聞いてきたわけ。名前は失念したけども、どうやらその女性、だけどその、日本のアイドルAの熱烈ファンとかでまあ、私に話し掛けてきたワケだ。

 ・・・・・・ここまではOKかな。話をつづけるよ?

 で、この、「Aっていう俳優、ご存知?」な問いに対し、「いや、知らない。ゴメンネ」って答えた当方に対し、彼女の返答は・・・・・・・・・・「じゃ、あなたは、ウソつきだ」と(笑)

 これ、だれかサンのリクツに似てはいないかね?

 ・・・・・・・・・・えっ?解りにくい?

 なんでこの女性と日野先生が似ているのか、解りにくいか?それじゃ・・・・・・解説するよ。

 ・・・・・彼女の脳内ではその、俳優Aだけど「日本人なら誰でも知っているくらい有名」、そんなモンが根強くあったんでしょう。つまり、彼女は私のことを「本当は知っているくせに、知らないふりをしているだ」とか、まあ、そんな趣旨の発言を放ったわけなのよ(笑)上記話の真意だけどこれで、意味は伝わるかな・・・・・・ここまではOK?

 まとめるよ?彼女の主張「その趣旨」だが、こんな感じなのよ・・・・


 ・・・・・・・・・日本人なら俳優A、知らぬはずがない。知らぬはずがナイのにこの人は(=訊け)「知らない」と言っている。知らないはずがナイAを、日本人であるこの人は「知らない」って言っているんだから、訊けはウソつきにチガイない!


 ・・・・・・いや、もう、何も言えないよね(笑)そしてこれ、このリクツ、「誰かさんのにソックリだなあ(笑)」と。

 ・・・・・・・・・日本人だからとて知らない事、そんなもん、普通に多々あるよね。そしてそれは、たとえ、「東大」だろうが「編集長」だろうが、同じ話だと思うんだ(笑)キミは違う考えみたいだが、世間相場では、そう、だよね。(人間が「やり取りを行う目的」もここにあるんじゃ?だって人間ってのは知識と同時に「偏見も増加する」わけで。そしてやり取りを通じてその偏見、除去していくわけで)・・・・・・・・話を戻すが自分の基準だけ、を、振りかざしてそして、「この人、日本人って言っているけどウソよ!だって彼は俳優Aを知らないだもの!」って主張してたら、世間では(武士の情けで以下省略)


追伸


 ・・・・・・・・・ところでだいぶ、客席だけど、あったまって来たね(笑)前座のお役目、ホントにご苦労さん。だいぶ笑わせてもらったよ(笑)って、事でそれじゃそろそろ、真打(日野先生)のご登場と、願いたいとこなんだけど、どうなんだろう(笑)

「女優に関心がない日本人」はいても、「国防に関心のない愛国運動家」はいないだろうにwww

見ろよ、暴走君は「総裁の報復人事」なんか、全く触れていないのに、こいつは暴走君が「総裁の報復人事」なるものに賛成であると勝手に解釈して、論を進めているぞww
暴走若人以上に暴走するとは、さすがだなぁ~(笑)

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11346/1422093979/3156


 もしも、こんな奴がココに登場したらば、キミはどう思うのだろう・・・・・・聞いてみたい!(日野先生風)

 もしも、だけども「もしも」・・・・

 「この無記名書き込みは『日野先生ご本人』に違いない!」と・・・・・・・・・そんな書き込みする奴、の、事です(笑)意味は分る?

 ・・・・・・・・「当方は先の投稿で、そろそろ本人登場をと、書いた。三重大学がこの日本語を解せないワケがないのであって、解せないワケがナイのだからこの、無記名ナリスマシ投稿は『日野先生ご本人』なのだ!!!」


 とか・・・・・・・・・・(笑)

 つづけて、

 「日野さんご本人なのだから、これは日野さんは、ナリスマシをしてる事になるぅぅぅ!」

 と(笑)


 ・・・・・・・・・もう、どうですか、それ(笑)


 ・・・・・・・あとな、たかしクンよ。

 印象操作のアドヴァイスだけどもその、「wwww」の数だけども、「増やす」とイイよ(笑)そうすると、より、キミが「知的に見える」よ。

 なので、やってご覧。たとえばその、


「国防に関心のない愛国運動家」はいないだろうにwww

 は、

「国防に関心のない愛国運動家」はいないだろうにwwwwwwwwwwwwwww


 くらいにwの数、増やすのよ、この規模で(笑)

 そうしてごらん。

 そうするとより、たかしクンの知性が、高く見えるからね。

 それじゃ、がんばれ(笑)なお当方、そろそろ仕事が忙しくなるからチャンス!だぜ?もう、キミらが何を書こうが「書き込み・反論できない時間帯が増える」って意味なんで、もう、ココしかナイぜ!?さあ、ガンガンに書きなさいな、たかしクン(笑)「いないだろうにwwwwwwwwwwwwwww」くらいの規模で(笑)



訊け 様

 コメントありがとうございます。お陰様で、他の方も様々なコメントをしてくださっており、どれも勉強になるものばかりであります。

 特に、訊け様の御文章は、私の文章の問題点をも懇切丁寧に説明していただいており、今後の勉強となりました。

 尚、既に掲示板で述べましたように、もしも私のブログ記事が、訊け様にとって「挑発」と受け止められる内容でありましたら、謝罪させていただきます。私の不徳の致すところにより、不用意に攻撃的な(ものと解釈できる)文章を書いてしまい、申し訳ございません。

 よろしければ、先日お願いしました通り、生長の家の御教えの真髄について、教えを請いたいと思います。よろしくお願いします。

 日野 拝

>>>生長の家の御教えの真髄について、教えを請いたいと思います。よろしくお願いします。<<<

 もう既に、ほとんど語ってはおりますが答えはこう、です。

 「ご自分の解釈に自信をもってお進みになる事」

 です。そしてその、貴殿が言われた大日本世界国の顕現ですが、いったいどのようなものになるか?それをお考えになられれば宜しいのですよ。たとえば(貴blog)記事論法のような方法を以て、他人をデマ拡散者呼ばわりするような行為、これは「御教えには反する」のであります。そうは思いませんか、あっさりと申して。

 なお当方は現在、「である」を語るために「ではない」を語っております。これが真髄、である、ですが「テーマが大きすぎて語りにくい」わけでしてそこで、この、「である」を明確にするために「ではない」を語っております。

 何か質問等あらばどうぞ。当方は現在、こう考えております。「貴殿のように御教えを解している者がどうして?」と(後は当方投稿文をご参照に)


追伸

 また、「このようなかたちでの粛清」ですが、これも、大日本世界国の顕現とは無関係でしょう。その意味で今回、あのようなかたちで岡先生へ報復人事を行った現総裁ですが、「御教えの真髄を知らぬもの」とこう、なりましょう。貴殿も同意くださるはずです、なにせ貴殿はこの、大日本世界国の顕現について触れておられるのですから。

 よもや総裁のあの、報復人事ですが「御教えの真髄に照らして間違ってナイ!」とは、申されませんでしょうな・・・・・・


書き忘れ


>>>お陰様で、他の方も様々なコメントをしてくださっており、どれも勉強になるものばかりであります。特に、訊け様の御文章は、私の文章の問題点をも懇切丁寧に説明していただいており、今後の勉強となりました。<<<

 それでは早速ですが、岡先生へ向けての謝罪文を、掲載されんことをお勧めする次第です。それは〝確認テスト〟にもなりましょう、当方主張の理解度の。

 さて、貴殿は今回、「懇切丁寧に説明していただいており、今後の勉強となりました。」との嬉しいレスを、私へ、寄越されました。「それでは」って事での、確認テストになります。本当に勉強になったのであれば、当方は貴殿による岡先生向け謝罪文の掲載、これを要求させて頂きます。

 そしてその、謝罪文を読みながら、貴殿の理解に不足あらば当方からまた、アドヴァイスなどをお送り致しましょう。それではぜひ、よろしくお願い致します。


暴走君、スリーパー・セルに妥協してはならんぞ!!

訊け 様

 申し訳ございませんが、総裁先生が生長の家の正統な法灯継承者であることを否定している、と解釈できる部分が、訊け様の文章の含まれます。

 私の人格が未熟な故、大聖師や総裁先生を否定する文章を見ると、生理的な嫌悪感を抱いてしまいます。大聖師や総裁先生を否定する者に対して怒りを抑えることができないことが、私の欠点であることは重々承知しておりますが、生長の家総裁が人類光明化運動の不動の中心であることを踏まえた投稿をお願いしたいと思います。

 身勝手なことを言って申し訳ございません。

日野 拝


>大聖師や総裁先生を否定する者に対して怒りを抑えることができないことが、私の欠点であることは重々承知しております<

それは、決定ではない!暴走君の美徳だ!

正論を言って、他者から非難されることを恐れるな!!

>私の個人的な考えにすぎませんが、日本国実相顕現の御教えを実践するには、宗教面では生長の家の総裁に中心帰一することが、社会面ではいのちを守る親の会に協力することが、政治面では新政未来の党に入党することが、一番の近道でしょう。<

この、暴走君の言葉を否定できたものは、存在しないのだ!

>>>申し訳ございませんが、総裁先生が生長の家の正統な法灯継承者であることを否定している、と解釈できる部分が、訊け様の文章の含まれます。<<<

 それはどの記述箇所でしょうか、ぜひ、お知らせください。なお当方、総裁先生が「生長の家の正統な法灯継承者であることを否定している」・・・・・・そんな主張をしているのでは、ナイのです。ですんでもしも、そのような誤解を与える箇所あらば訂正、せねばなりませんゆえ・・・・・・・ぜひご指摘くださいませ。

 また、岡正章先生への謝罪文ですが、どうなりましたでしょうか。よもや貴殿は、「濡れ衣を着せた相手へ謝罪する事」を、「御教えの真髄に反する」とか、そんな妄想に捉われてはイナイと考えます。当方投稿文を読まれ「勉強になった」と云われた貴殿の事です。岡先生への謝罪を拒否されるなど、よもや、有り得ませんよね。「間違った際は、スミマセンでした」・・・・・・・・・これだって立派な、御教えの真髄だと思いますが、違いますか?

追伸

 ちなみにここまで、ですが「貴殿」は当方主張に対し、「完全同意をなさった」と見做してかまいませんよね。なぜならば貴殿は「勉強になりました」、と申され、特に当方投稿文への反論等は、行ってはおられないのですから・・・・・・・・・反論もなく、勉強になりました、そのようなコメントが寄せられたのですから、当方は自信を持って「ああ、日野氏は当方主張に完全同意なさった」、そう、解釈して良いのでしょ?

岡さんの文章について「これは、全くの、正論である。」と言っている日野さんが、一体、いつ、岡さんに「濡れ衣を着せた」のだろうか?

全くの謎。

日野さんは、「岡正章氏を「雅春先生の御教えそのままの〝原理主義者〟」とたたえ」る訊けさんに対して、

>雅春先生の御教えは、文字には完全に表すことができない、宏遠なものであり、その御教えを「そのまま」の形で継承できるのは、生前の大聖師から大法を「面授」された者、だけである。<

と、反論しただけであり、そして、それに対する反論を、訊けさんは行っていない、という事実が、浮かび上がっている。


追記

>>>大聖師や総裁先生を否定する者に対して怒りを抑えることができないことが、私の欠点であることは重々承知しております<<<

 それは欠点では、ないと考えます。当方であれ雅春先生ですが、否定する者あらば怒りを抑えられなくなるのです。たとえば雅春先生の名を騙りながら、「御教えを否定する者」などがその、代表例になりましょうか。また、「私は~だと考えますが、間違っておりますでしょうか。間違いあらばぜひ、ご指摘を」と(正々堂々の)質問をする者に対し、いきなりの粛清で応じる等、これなどは「大聖師の否定」と断言出来ます。

 日野さんがそのような事に怒りを覚えるのは、自然なことだと考えますよ。そして当方も、仕事の合間をぬって長々と投稿した甲斐があったもの、そう言えると思っております。帰一すべきは総裁や御教え、なのであり決して、「質問したダケでいきなり粛清する」なんていう、「誰の教え?」ってなモン、そんなものに惑わされてはならぬと、考えます。



 松茸さん(笑)日野さんの御主張を誤解なさらぬように。

 彼は当方に「勉強になりました」と申されたのです。また、岡先生=正論が以前の、日野氏御主張の趣旨なんですか?(笑)

 うん、貴殿はもう少し、日本語の勉強をなさってください。それでは、ごきげんよう(笑)


愛国運動家の岡正章氏が、国防という重要な問題において、マチガイをするはずがない、というのは客観的事実であって、それに対する訊け氏からの反論はありません。
日野さんには、もっと自信を持ってほしいですね。

というか、もしも、日野さんが総裁先生による岡氏の講師資格はく奪が「御教えに反する」等と言った瞬間、日野さんも原理主義者のスリーパー・セル、ということになりますよね。(笑)

私は、日野さんがスリーパー・セルではない、と信じています。

あ、「2016年9月 5日 (月) 15時13分」の投稿は、私です。

挨拶をしろ、って(爆笑)

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/11346/1422093979/3163

あのう、私の方が先にコメントを投稿しているんですが・・・・。


 お!たかしクンじゃないか(笑)前座はお疲れさまでした。

 キミの働きのお蔭か、日野氏だが「当方主張に完全同意」くださったよ。さすが、御教えの真髄を解している青年だね。話が早かった。

 当方の投稿文だが、かなり勉強になったみたいでこれから彼は、岡先生への謝罪文を寄稿する予定になったよ。うん、さすが、日本男児だね。潔いと思うよ。


そもそも、総裁先生は報復人事をされるような方ではありません。
訊けさんの妄想でしょう。あるいは、原理主義者の流したデマを、訊けさんが迂闊にも信じてしまったのか、のいずれかですね。

 あと、たかしクンよ。「こわがらなくてイイ」んだよ、その、掲示板(笑)

 この種の雑談(もしくは前座放談のつづきw)、みたいな奴はココではなく、あの、総裁もご覧になられている「トキ掲示板」まで(笑)

 どうぞ、ヨロシクな(笑)ひょうきんで、おっちょこちょいな芸風のキミだ。総裁もきっと、嘉し給うことだろう(笑)

 ガンバレ!総裁に、アピールするんだ(笑)

本当に日野さんが、貴方の主張に完全同意をして、岡氏に謝罪をし、かつ、総裁による「報復人事」なるものが事実であると認めたならば、それは「生長の家版河野談話」として、日野さんの生涯の汚点になるでしょうね。
訊けさん、本当に日野さんが「完全同意」をしたのかは知りませんが、私は同意できません。
まず、いつ、総裁先生が岡氏に「報復人事」なるものをしたのか、教えていただきたい。デマを流すのはよくありませんよ?

 盛り上がっているところ、すみません。
 私が投稿したこのブログ記事とは無関係のコメントが、複数、存在しています。
 この記事のコメント数は、既に37コメントにも及び、他の記事と比べて異常に多い数です。いわゆる「炎上」に該当する状態です。
 従いまして、私はこのブログの管理人としまして、この記事へのコメント投稿を制限することを決定します。
 議論の続きは、掲示板や(関係する内容であれば)他の記事のコメント欄でお願いします。
 尚、ブログ読者用に、私のブログにも掲示板が存在します。ここ数年、ほとんど利用している人がいませんが、よろしければご利用下さい。

日野 拝

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660159/67321658

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国実相顕現こそが御教えの真髄ではあるが・・・:

« posting joy 終了について | トップページ | 自他一体の自覚を深めて四無量心を行しよう! »

フォト
無料ブログはココログ