« 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(3) | トップページ | 気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明から訣別しよう »

2018年7月15日 (日)

『聖書』の解釈とヴィーガニズム(4)


人気ブログランキングへ

 洪水が収まるとエロヒムはノアに箱舟から出るように言った。

 二月二十七日になって、地は全くかわいた。

 この時、神はノアに言われた、「あなたは妻と、子らと、子らの妻たちと共に箱舟を出なさい。あなたは、共にいる肉なるすべての生き物、すなわち鳥と家畜と、地のすべての這うものとを連れて出て、これらのものが地に群がり、地の上にふえ広がるようにしなさい」。

 ノアは共にいた子らと、妻と、子らの妻たちとを連れて出た。またすべての獣、すべての這うもの、すべての鳥、すべて地の上に動くものは皆、種類にしたがって箱舟を出た。

 エロヒムははなはだ良い世界を造った神であるから、はなはだ良いタイミングで人間に啓示を下すのである。

 既に述べたように現象の世界は人間がその不完全な心で見ている夢のようなものであるが、その例えで言うとエロヒムは人間がより良い夢を見るように導いているわけだ。

 ところが、ノアはここで致命的な間違いをしているのである。彼はエロヒムとヤハウェを混同し、その区別ができていなかったのだ。

 既に述べたようにエロヒムとヤハウェは似たような啓示を下している。そのことからノアはエロヒムとヤハウェを混同してしまったのかもしれない。

 よりによってノアは動物を生贄にして神に供えるのである。エロヒムは人間のみならず動物をも救うために箱舟を作らせ、事細かく箱舟の作り方を指示したのであるが、ノアはその神が救おうとした動物を生贄にしたのだ。

 ノアは主に祭壇を築いて、すべての清い獣と、すべての清い鳥とのうちから取って、燔祭を祭壇の上にささげた。

 主はその香ばしいかおりをかいで、心に言われた、「わたしはもはや二度と人のゆえに地をのろわない。人が心に思い図ることは、幼い時から悪いからである。わたしは、このたびしたように、もう二度と、すべての生きたものを滅ぼさない。地のある限り、種まきの時も、刈入れの時も、暑さ寒さも、夏冬も、昼も夜もやむことはないであろう」。

 既に述べたようにヤハウェは羊の生贄を好んで受け取るような存在である。ノアが動物を生贄にすることで喜んだのは本来の神であるエロヒムではなく、ヤハウェであった。

 そしてヤハウェは自分に動物の生贄を供えられたことを悦び、二度と大洪水のようなことを起こさないと決めるのである。

 ヤハウェはある時はエロヒムと似たようなことを言い、ある時は全く矛盾するようなことを言う。つまりは「神もどき」である。現象の世界を造った存在であるから「神のようなもの」であるが、その現象の世界自体が夢のような世界で本来の世界ではないから、決して「唯一絶対の神」そのものではないのだ。


人気ブログランキングへ

 ヤハウェに生贄を捧げるノアを見てエロヒムはこう告げる。

 神はノアとその子らとを祝福して彼らに言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ。地のすべての獣、空のすべての鳥、地に這うすべてのもの、海のすべての魚は恐れおののいて、あなたがたの支配に服し、すべて生きて動くものはあなたがたの食物となるであろう。さきに青草をあなたがたに与えたように、わたしはこれらのものを皆あなたがたに与える。しかし肉を、その命である血のままで、食べてはならない。あなたがたの命の血を流すものには、わたしは必ず報復するであろう。いかなる獣にも報復する。兄弟である人にも、わたしは人の命のために、報復するであろう。

人の血を流すものは、人に血を流される、

神が自分のかたちに人を造られたゆえに。

あなたがたは、生めよ、ふえよ、

地に群がり、地の上にふえよ」。

 ここでエロヒムは一見すると肉食を許可しているように見える。これまでのエロヒムの行動と一見矛盾している。

 なお、『旧約聖書』は後世の編纂物である。だからここで言うエロヒムは実はヤハウェのことではないか、という解釈も一応は成り立つ。

 しかし「神が自分のかたちに人を造られたゆえに」というのは明らかにエロヒムのセリフだ。ヤハウェは人間を塵から造った上に「肉にすぎない」と述べているのだから。

 ここでエロヒムはノア達に自分が「肉体・人間」ではなく「神の子・人間」であることを告げているのである。

 どういうことか。

 まず、エロヒムにとってこの世界は本来存在しない世界だ。本当の「はなはだ良い」世界では人間は菜食をしており、そして未だエデンの園から追放などされていない。地上の世界は人間が勝手に見ている夢の世界である。

 ところがその夢の中でノアはヤハウェに動物を生贄にした。そこでエロヒムは

「そうか、お前は動物を生贄にしてまでニセモノの神であるヤハウェに好かれたいのか。わかった、どうせ現象の世界は夢のようなものだ。お前たちは本来の世界では植物だけを食物として与えられていたが、この本来存在しない現象の世界では動物を食べても良いぞ。」

と告げた後で、さらにこう告げたのだ。

「しかし、忘れるなよ。私はお前たち人間を神に似せた造ったのだ。本来人間は神の子なのである。そのことを忘れるな。」


人気ブログランキングへ

 この後のエロヒムの言葉が重要である。

 神はノアおよび共にいる子らに言われた、「わたしはあなたがた及びあなたがたの後の子孫と契約を立てる。またあなたがたと共にいるすべての生き物、あなたがたと共にいる鳥、家畜、地のすべての獣、すなわち、すべて箱舟から出たものは、地のすべての獣にいたるまで、わたしはそれと契約を立てよう。わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。

 さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。わたしが雲を地の上に起すとき、にじは雲の中に現れる。こうして、わたしは、わたしとあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水はふたたび、すべて肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。

 そして神はノアに言われた、「これがわたしと地にあるすべて肉なるものとの間に、わたしが立てた契約のしるしである」。

 ここでエロヒムは「肉なるもの」という言葉を強調している。

 そう、ここでいうエロヒムの言葉は「肉体・人間」「肉体・動物」に対して発せられたものなのである。

 ノアは自分たち人間を「肉にすぎない」と言ったヤハウェを信じて、彼の機嫌を取るために動物を生贄にした。そこに「神の子」としての自覚はなかった。

 注意してほしいのは、エロヒムは「肉なる人間」に対して肉食を許可はしたが、推奨はしていない、ということだ。

 ここでノアには二つの道があった。

 一つ目は、自分は神が造った「はなはだ良い」世界に住む「神の子・人間」であることを自覚して暮らす道である。

 肉食はあくまで「肉なるもの」に許可された話である。自分たちが「神の子」だと思っているならば、当然に食生活も菜食となる。

 二つ目は、自分は「肉体・人間」であってヤハウェに対して動物を生贄にして供え、自分自身も動物の肉を食べる道である。

 ノアが選んだのは後者であった。『旧約聖書』はその後のノアの姿も記している。

 さてノアは農夫となり、ぶどう畑をつくり始めたが、彼はぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた。カナンの父ハムは父の裸を見て、外にいるふたりの兄弟に告げた。セムとヤペテとは着物を取って、肩にかけ、うしろ向きに歩み寄って、父の裸をおおい、顔をそむけて父の裸を見なかった。やがてノアは酔いがさめて、末の子が彼にした事を知ったとき、彼は言った、

「カナンはのろわれよ。

彼はしもべのしもべとなって、

その兄弟たちに仕える」。

また言った、

「セムの神、主はほむべきかな、

カナンはそのしもべとなれ。

神はヤペテを大いならしめ、

セムの天幕に彼を住まわせられるように。

カナンはそのしもべとなれ」。

 息子に裸を見られたことを理由に、その息子の子供(つまり、自分の孫)にヤハウェに頼んで呪いをかけるノア。

 そこには神から祝福された善人の姿はなく、自らの孫を呪う偏狭な老人の姿があるだけであった。


人気ブログランキングへ

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・少数民族・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

【お願い】

 私が「日本国実相顕現・自然と調和した新しい文明の構築」のために活動するためには資料が必要です。

 Amazonの「ほしいものリスト」にある資料を贈呈して下されれば幸いです。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

【お知らせ】

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!


人気ブログランキングへ

【リンク】

連絡先

Twitter「讃嘆若人◆日野智貴」

Facebook「日野智貴」

所属団体

生長の家青年会

生長の家兵庫教区青年会

古田史学の会

いのちを守る親の会

アニマルライツセンター学生部


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※私が代表を務める新政未来の党はエシカル・ヴィーガニズムを推奨していますが、非ヴィーガンのベジタリアンを排除するものではありません。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

« 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(3) | トップページ | 気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明から訣別しよう »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660159/73845151

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(4):

« 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(3) | トップページ | 気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明から訣別しよう »

フォト
無料ブログはココログ