« Amway批判に医療利権複合体の影 | トップページ | 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(2) »

2018年7月12日 (木)

『聖書』の解釈とヴィーガニズム(1)


人気ブログランキングへ

 極めて不本意なことに私は日本語以外の言語に堪能でなく、キリスト教についても日本語訳の聖書しか読めないし、仏教についてもそうで(漢文ならばなんとか読めるが)サンスクリット語やパーリ語はさっぱり、と言う状態である。

 ましてやアラビア語で読まないといけない『コーラン』等未知の領域ではあるが、日本語で漏れ聞くところによるとイエス・キリストもムハンマドも素晴らしい人であったらしい。マーシャー・アッラー!

 それはともかく、肉食の是非についてキリスト教の『聖書』の解釈が良く問題になる。『聖書』は肉食を肯定している、だからやはりキリスト教は野蛮だというヴィーガンの方も多い。

 さらには左側の方はそこから宗教批判に発展する。左翼系ヴィーガンの方には「どうして宗教を尊重しなければならないのか、むしろ無神論を押し付けるべきだ」という新無神論の立場に立つ方が多い。

 一方、右翼系ヴィーガンの方はむしろスピリチュアルなものが好きな方が多い。それは結構なことであるが、キリスト教については「だから一神教はダメだ」という方もいる。それを言い出すと仏教も一神教に分類する人はいるし、多神教の信者にも肉食者がいるし・・・・と思うのだが。

 いずれにせよ、今のキリスト教会が肉食を肯定しているのは事実だ。ユダヤ教やイスラム教もヴィーガンという訳ではない。この3つの宗教の共通の聖典である『旧約聖書』にはこんな記述もある。

 アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。日がたって、カインは地の産物を持ってきて、主に供え物とした。

 アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持ってきた。主はアベルとその供え物とを顧みられた。

 しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。

 そこで主はカインに言われた、「なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか。正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません」。

 ここでいう「主」とはヤハウェのことだが、ヤハウェはカインが供えた耕作された植物のお供え物では喜ばず、アベルが供えた羊の生贄を悦んだらしい。それでカインは怒ってしまう。

 それにしてもヤハウェの言いよう。まるで動物をお供えすることが「正しいこと」で植物をお供えすることが「間違ったこと」みたいな言い方ではないか。

 神様にそんな態度を取られたら私だって憤ってしまう。


人気ブログランキングへ

 ところでこのヤハウェ、日本語の聖書では「主」とか「主なる神」と訳されているが、実は本来の神なのかと言うと疑問がある。

 『聖書』では「エロヒム」と「ヤハウェ」が使い分け割れている。エロヒムは日本語聖書では単に「神」と記されている。

 試しに「創世記」第一章を見て見よう。

 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。

 エロヒムと言う神様は自分の形に似せて人間を創造されたそうです。そして男も女も同時に創造したわけです。

 じゃあ「主なる神」とは言うと、「創世記」第二章に似た話が書いてあります。

 主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

 ヤハウェという神様は人間を塵で作ったそうです。ちょっと待て、『旧約聖書』って一神教のはずだが、エロヒムとヤハウェってどうも違うことをやっていないか?と思った方は鋭い。

 そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。

 そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、わたしの肉の肉。男から取ったものだから、これを女と名づけよう」。

 第一章ではエロヒムは男性と女性を同時に自分の姿に似せて作ったはずが、第二章では男性の肋骨から女性が誕生したことになっている。ちょっと様子が違うというか、素直に読むと明らかに矛盾している。

 さらにエロヒムとヤハウェには決定的な違いがあります。

 神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。

 エロヒムが作った世界ははなはだ良かったそうです。人間も動植物も神様が作ったのだから「はなはだ良い」はずです。

 ところが「主なる神」であるヤハウェはそうは思っていないのです。

 主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしは、これらを造ったことを悔いる」と言われた。

 これは「ノアの大洪水」の話ですが人間どころか、動物まで造ったことを後悔しています。「はなはだ良い」どころか、「はなはだ悪い」とでも言いだけです。

 このように「神」(エロヒム)と「主なる神」(ヤハウェ)は明らかに別の神なのです。


人気ブログランキングへ

 先ほど仮に「別の神」と言いましたが、ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も一神教です。

 さぁ困った、神様は唯一絶対の存在。どちらかが唯一絶対の神であるならば、もう片方の神様はニセモノの神。『聖書』にはホンモノとニセモノの神様が混在していることになる。

 ところがこの問題の解決は実は簡単なのだ。

 ちょっと頭を働かせれば、このヤハウェなる存在が「ホンモノの唯一絶対の神」のわけがない。

 なぜなら神様は唯一絶対の存在。唯一絶対の神が作る世界は完璧な世界に決まっている。あとから後悔するような、欠陥品の世界を作るのは唯一絶対の神のわけがない。

 すると「はなはだ良い」世界を作られたエロヒムこそがホンモノの神であり、後で自分が作った世界を後悔したヤハウェはニセモノなのだ。

 考えても見てほしい、自分が世界を作っておきながら

「私の作った世界は欠陥品だった!こんな人間や動物を作ったことはマチガイだった、後悔している。」

と言って洪水を起こすような存在が唯一絶対の神だろうか?

 無論、貴方がそれでもヤハウェを唯一絶対の神として信仰したり、エロヒムとヤハウェが同じ存在であると考えたりするのであればそれでも良い。私は信教の自由を侵害するつもりはない。

 ところでヤハウェは羊の生贄がお好きであったようだが、ホンモノの神であるエロヒムは違う。人間に対して菜食を勧めているのである。

 神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。

 これを見る限り、神は人間と動物に植物を食べ物として与えたのである。動物の肉を食べることを許可したわけではない。

 このこと一つとってもエロヒムとヤハウェは明らかに性格が異なるのだが、いずれにせよ『聖書』の神様の言葉としてこれが記されているわけだ。

 それではどうしてキリスト教やユダヤ教では肉食を肯定しているのだろうか?

 その理由の一つはエロヒムとヤハウェの混同であるが、それだけではない。

 このことは有名な「エデンの楽園の追放」と「ノアの箱舟」の話と関係してくるのである。続きは明日のブログで。


人気ブログランキングへ

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・少数民族・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

【お願い】

 私が「日本国実相顕現・自然と調和した新しい文明の構築」のために活動するためには資料が必要です。

 Amazonの「ほしいものリスト」にある資料を贈呈して下されれば幸いです。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

【お知らせ】

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!


人気ブログランキングへ

【リンク】

連絡先

Twitter「讃嘆若人◆日野智貴」

Facebook「日野智貴」

所属団体

生長の家青年会

生長の家兵庫教区青年会

古田史学の会

いのちを守る親の会

アニマルライツセンター学生部


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※私が代表を務める新政未来の党はエシカル・ヴィーガニズムを推奨していますが、非ヴィーガンのベジタリアンを排除するものではありません。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

« Amway批判に医療利権複合体の影 | トップページ | 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(2) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1660159/73843355

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(1):

« Amway批判に医療利権複合体の影 | トップページ | 『聖書』の解釈とヴィーガニズム(2) »

フォト
無料ブログはココログ