« アニマルライツとヒューマンライツ | トップページ | 妹の中学卒業に思う »

2019年3月 8日 (金)

人間が愛の体現者である実を失い動物性食品を食べると「生きながらの死骸」となる


人気ブログランキングへ

 生長の家初代総裁・谷口雅春先生は美貫(ヴィーガン)に近い食生活を送っていました。そのことについて『生命の実相 頭注版』第11巻に次の文章がありましたので、やや長くなりますが引用させていただきます。(あまりにも長い文章ですので、私の方で適当に段落を分けさせていただきました。)

 関東震災前わたしが東京にいたころ、わたしは長い間慢性下痢にかかって、どうしてもそれが止まらなかったのであります。医者にいわせるとあなたの腸は非常に爛れているから、野菜は擂鉢ですってウラゴシ(頭注:餡などをこす器で、丸いわくに布・金網などをはったもの)にかけてたべなければならぬ、粥もふつうの粥では刺激分が多くていかんから糯米(もちごめ)の粥でなくてはならぬというほどの状態であった。

 そのころ、わたしは肉食は愛の道にかなわないという主張をすでにもっており、今よりもいっそう絶対菜食の生活を送っていたのでしたが、鶏卵だけは、まだ「生命」になっていないもの、たべても痛みも苦痛も感じないものであるから、これだけは動物性食品でも愛の道にそむかないという理由によって、植物性食品のほかには鶏卵を唯一の栄養物として摂取していたのであります。しかるにかくのごとき流動食をつづけるにもかかわらず、下痢は日々につづき身体は痩せ細って死も遠くはあるまいと、心の底にひそかに死を期待していたのでした。

 そのころ、わたしは浅草である古本屋の前を通りかかった、その時ふと神の黙示のようにわたしの心を引きつけた書物があった。それはたしか『高野式食物抵抗療法』という本であった。わたしはその一冊を買って帰ると貪るように読んだ。軟かい食物ほど、胃腸に与える物理的刺激が少ないので胃腸の機能をかえって弱らすこと、食物はなるだけ固い植物性のものがよいこと、胃腸病者に動物性食物はたとい鶏卵、牛乳といえども消化を誤らせて激しい毒素を腸の中で造るから、その毒素の化学的刺激で慢性下痢はかえって止まらないのであることなどが強調してあった。

 わたしは大いに感じて、その翌日から前日の粥食と卵食とをスッカリ廃し、主食には麦飯の焼き握飯をボリボリ噛んで食べ、菜にはひじき、牛蒡(ごぼう)、沢庵(たくあん)漬けなどできる限り固いものを食べ、しかも食後胃袋の上を強く掌で撫で下げて、胃袋の中の固い食物が胃壁に摩擦してゴブリゴブリ音を立てるほどにしたところが、その翌日からピッタリと長期間の慢性下痢が止ってしまったのであります。むろん、これはわたしが、その書を読んで非常に感激して心機一転し、「胃腸の弱いものは軟いものを食べよ」という在来の医家の学説に捉われなくなり、胃腸は固い食物によって弱るような不完全なものではないということを悟ったことにもよりますが、一方においては自分の今までとっていた唯一の動物食たる鶏卵を廃したことも、この病気の治癒を速めた一つの原因だとみとめなければならないのであります。

 われわれが動物性食品をとらないで、植物性食品をとるように、神が天地創造の時から定め給うているということは天地創造の神が、愛の神であり、人間をば「愛の神の肖像(にすがた)」としてその愛の体現者であるように創造(つく)られたからであります。人間が愛の体現者として創造(つく)られたということは、なんというわれわれにとって幸福(しあわせ)なことでありましょう。人間が愛の体現者である実を失うとき、人間はその使命を失い、生命を失い、生きながらの死骸となるのであります。栄養食をとっていっそうながく生きながらえんと望みながら、われわれが愛の使命を失い、生きながらの死体となるならば、われわれは形骸だけ生きのびていて、なんの甲斐がありましょう。

 この様に雅春先生は鶏卵や牛乳も食べない、美貫(ヴィーガン)の生活こそが愛の道に適った生活であることを述べておられるのであり、雅春先生の孫の谷口貴康先生も著書に自分が一切肉食をせずに育てられたことを記されているのです。

 それで、現総裁の谷口雅宣先生もノーミートを推奨されておられるのです。


人気ブログランキングへ

 ところで、こういうと「肉食が愛の道に適わないと言っても、植物も生きているではないか」と反論される方が必ず出て来るのですが、それについても雅春先生は続く文章で回答を示されているのです。

 むろん、人間知恵をもって理屈をいえば、どんなにでも理屈がつきましょう。動物も生き物ならば、植物も生き物である、植物食だって、生き物を殺して食わねば生きられないように造られている、これは実にやむをえない人間の運命であるという理屈もつきましょう。

 むろん、地上のあらゆるものは、神が「霊」すなわち「生命」によって造り給うたものの映像(かげ)でありますから、鉱物でさえも厳密な意味からいえば生きている相をあらわしているのであります。一個の水素の原資も生きていて、その内部機構たる電子は常に生々の活動を続けています。また一個の元素は知性をそなえていて、自分の出会う相手の原子が酸素であるか炭素であるかを認識して、相手の相違によって、炭化水素を造ったり、酸化水素(水)を造ったり反発したり親和したりします。

 悟ってみれば宇宙の万象ことごとく生々の相を現しているのであって、厳密にいえばいずこにも死は無いのでありますが、植物はこの『創世記』にあるように神が人間および動物の食物として与えたまうたものでありますから、それはたとい生きていましても、われわれが採取して食しましても痛みを感ぜず、苦痛の形相を呈したり、悲哀涕泣したりしないで、われわれの愛の感じを裏切らないように造られているのであります

 かえって植物の果実などは、一定の時期が来れば、人間や動物の眼につくように美しき色彩を呈して、わざわざ人間や動物に発見せられ食用に供せられることによって、自己の種子をひろく撒布させて繁殖する機会を得、それをかえって楽しむかのように見えるのであります。生きている物をたべても必ずしも相手に苦痛感を与えないのは、われわれの飲む母乳であります。母乳は生きているが、飲まれる方も飲む方も助かる、植物食もそれと同様であります。ある植物は剪定といって、枝を適当に刈り込まれることによっていっそう元気となり、生活力の旺盛をうるのであります。

 かように人間が正しい知恵をもって植物を採取したり切りとったりして食用にしますと、人間自身が生命力を旺盛にしうるのみならず、植物自身の生命の生長と繁殖の助けともなる、すなわち他を生かす愛の道にかなう。神の造り給える世界は、神の命令通りを守って神の知恵によって生きてゆきますと、こういうように、互いに傷つけるのではなく、互いに生命を生かし合うようになっている調和した世界なのであります。

 それを一歩、神の命令のそとにハミ出て、神の知恵で定められた栄養分で満足せず、蛇の知恵で、動物食の方が栄養分が多いなどということを考えて、動物を殺して食うということになりますと、たちまちわれわれは愛の道に反し愛の権化であることを生命として造られている人間はその生命を失って、デブデブ太るかもしれないが、「生ける屍」となってしまうのであります。

 これは『創世記』の解釈の文脈で述べられていますが、菜食と肉食の本質的な違いを突いているのです。菜食も知恵が無いと乱獲で植物を絶滅させるのはダメですが、そうでない限りにおいては却って植物を生かすことになるのです。

 一方、肉食は動物に苦痛を与えるし、菜食以上に植物の命も奪うし、気候変動や食糧危機の原因にもなっている、そんな肉食を菜食と同一視できないのは当然のことなのです。


人気ブログランキングへ

処女作出版しました!
菜食実践「天皇国・日本」への道
――生命尊重と万教帰一の観点から見た美貫主義

↑↑Amazonから購入できます!オンデマンド出版です↑↑

       <目次>
第一部 美貫主義と生命倫理問題

なぜ今ヴィーガニズムなのか  (p.6)
反対派活動家は暗殺!家畜産業の闇と環境保護団体の欺瞞  (p.12)
家畜産業と多耐性菌――『日経サイエンス』の記事を読んで  (p.15)
地球環境と生命倫理を考える  (p.18)
 第一回 「神を演じる時代」に問われる“保守”の真価
 第二回 「保守」と「革新」の定義と違いについて
 第三回 生命軽視の原点「優生思想」の誕生
 第四回 現在も残る障碍者差別の危険思想「優生学」
 第五回 優生思想と人口削減論
 第六回 皇后陛下のメッセージと気候変動
 第七回 気候変動と食糧危機の最大の原因は家畜産業
気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明  (p.31)
ネズミとも共生した日本人の魂と玄米菜食  (p.39)

第二部 万教帰一の観点から美貫を論ず
『聖書』の解釈とヴィーガニズム  (p.42)
『コーラン』は原罪無しの真理を説く  (p.60)
わかりやすい苦行と難行道と易行道  (p.67)
日蓮聖人は「唯神実相・唯心所現・万教帰一」の真理を説かれた  (p.80)
『法華経』とアニマルライツと「天皇国・日本」の実相顕現  (p.87)
イスラム教と浄土真宗の肉食について  (p.96)

第三部 仏教の真髄と「天皇国・日本」の真義
真の「天皇国・日本」とは本仏釈迦の霊山浄土である  (p.124)
真言密教と日蓮教学は「天皇国・日本」に帰一す  (p.148)
聖徳太子と『法華義疏』の真実  (p.161)
 第一節 「遣隋使」は存在したのか
 第二節 俀国とは九州王朝である
 第三節 聖徳太子の前世と生い立ちの秘密
 第四節 『法華義疏』は聖徳太子の著作ではない
 第五節 「上宮法皇」とは何者なのか
 第六節 聖徳太子の薨御と太子信仰

第四部 自然の生存権か国民主権か
「自然と調和した新しい文明の構築」のための憲法  (p.219)
「自然の生存権」と帝国憲法の現存確認は表裏一体  (p.223)
「第48回衆議院選挙に対する生長の家の方針」について  (p.226)
政府による堕胎放置は憲法違反である  (p.231)

第五部 生命尊重の世界実現のために
生長の家が自民党と決別した本当の理由  (p.234)
動物を殺す者は人間を殺すことになる――狩猟が殺す人  (p.237)
肉食と植物食の根本的な違い――家畜産業は国際平和を乱す  (p.239)
パンダはチベットの動物だ!「動物虐待・中共迎合」の動物館  (p.242)
中国の「クローン猿」と日本の「動物性集合胚」  (p.245)
鳥インフルや口蹄疫での殺処分は止めるべき  (p.248)

美貫主義(ヴィーガニズム)と「天皇国・日本」の関係が示されています!
ご購入はこちら から!(定価:1944円<税込み>)


人気ブログランキングへ

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・少数民族・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

【お願い】

 私が「日本国実相顕現・自然と調和した新しい文明の構築」のために活動するためには資料が必要です。

 Amazonの「ほしいものリスト」にある資料を贈呈して下されれば幸いです。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

【お知らせ】

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!

生長の家西播単位青年会活動予定
4月 テーマ「日時計主義の生活」
 世界情勢と新しい文明 お釈迦様

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
5日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
12日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
19日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
26日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<生長の家青年会全国大会>
29日(水) 10:00~ 生長の家大阪府教化部
5月 テーマ「自然の恵に感謝」
 肉食を控えよう 田中静壱大将

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
3日(金) 10:00~ 生長の家龍野道場
10日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
17日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
31日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
6月 テーマ「両親や家族、先祖へ感謝」
 動物の命を大切に 光明皇后

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
8日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
14日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
29日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
7月 テーマ「祈ることの大切さ」
 肉食と森林伐採の関係

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
12日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<龍野道場50周年記念式典>
20日(土) 10:00~ 生長の家龍野道場
8月 テーマ「本当の自分に出会える」
 結びの働き 水子供養

<青年一泊見真会>
10日(土)~11日(日) 生長の家兵庫県教化部
※テーマは開催行事予定の内容から使用しています。


人気ブログランキングへ

【リンク】

連絡先

Twitter「讃嘆若人◆日野智貴」

Facebook「日野智貴」

所属団体

生長の家青年会

生長の家兵庫教区青年会

古田史学の会

いのちを守る親の会

アニマルライツセンター学生部


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※私が代表を務める新政未来の党はエシカル・ヴィーガニズムを推奨していますが、非ヴィーガンのベジタリアンを排除するものではありません。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

 

« アニマルライツとヒューマンライツ | トップページ | 妹の中学卒業に思う »

人類光明化運動・国際平和信仰運動・自然とともに伸びる運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アニマルライツとヒューマンライツ | トップページ | 妹の中学卒業に思う »

フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント