人類光明化運動・国際平和信仰運動・自然とともに伸びる運動

2020年6月25日 (木)

『万物調和六章経』の功徳で癌が消えた話

 様々な「奇跡」話をすると、世の中には「胡散臭い」と思う人もいるのですが、実際には世の中には一見「奇跡」のようなことは、山ほどあります。

 皆様の中にも周囲の人が、或いは自分自身が「奇跡的に助かった!」というような体験をしたことがある人は、決して少ないとは言えないと思います。

 私がかつて修行していた宝蔵神社の再興の祖である光明思想家・谷口雅春先生についても、そのような「奇跡」譚は多くありました。

 実は、私の遠い親戚にあたる田中静壹大将も、谷口雅春先生の著した聖経である『甘露の法雨』を手にして奇跡的に宮城事件(大東亜戦争継続派によるクーデター未遂事件)を鎮圧したことがあります。

 『甘露の法雨』は『妙法蓮華経』の内容を万教帰一の観点から現代語に著したもので、キリスト教や神道の信者にも通用するように「仏」を「神」と書いたりしていますが、その説く真理は一緒ですので、田中大将も『法華経』と『甘露の法雨』を死ぬときまで常に身に着けていました。その話はまた機会がありましたらこのブログでも書こうと思います。

 さて、今の宝蔵神社では『甘露の法雨』と並んで『万物調和六章経』と言う、こちらは口語調のお経も使っています。

 最近、ネット上で「『甘露の法雨』には様々な功徳があるが、『万物調和六章経』や『観世音菩薩讃歌』にはそのような功徳は無いではないか、むしろこれらのお経をあげると逆に不幸になった者もいる」等と言う方が居られます。

 そういう人は、「真理」ではなく「功徳」を求める、誠に自分勝手な信仰者であると言わざるを得ないのですが、かと言って人間はやっぱり「幸せになりたい!」という欲求は持つものであり、それ自体は間違った欲求とは言い切れません。

 ただ、『万物調和六章経』や『観世音菩薩讃歌』による奇跡が無いというのは、それは一部の方による悪意ある印象操作でして、『万物調和六章経』や『観世音菩薩讃歌』の読誦によって不幸になるどころか、却って幸福になった方もいるのであります。

Img_20190112_110107_333

 先日、令和2年7月号の『発祥の光』と言う、兵庫の光明思想団体の機関紙が届きましたが、そこにも『万物調和六章経』による「奇跡」としか言いようのない話が載っていました。

 『発祥の光』にはその方の実名と住んでいる地域が載っているのですが、紙媒体とネット上とではプライバシーの基準が異なりますから、ここでは播磨地方在住のYさんとして紹介させていただきます。

 Yさんは今年2月に食道癌が見つかりました。Yさんには年老いた母と叔母がおり、親よりも先に死ぬわけにはいかない、どうしたらよいものか、と地元の光明思想家の先生に相談しました。

 すると、その光明思想家の先生は「『万物調和六章経』を毎日、読誦されたらいいですよ」とYさんに教えました。

 それからYさんは毎日、暇さえあれば『万物調和六章経』を読誦されていたそうです。

 そしていよいよ、癌を切るための手術をする日になりました。食道癌なので麻酔をかけて手術台に載っていたのですが、麻酔が切れて起こされた後、お医者さんにこう言われたのです。

「2月に確かにあった癌が見つからない!」

 それで検査をした後、このまま帰っても良いということになって、付き添いの子供たちも何が何だか別が判らないまま、コロナが広まっていることもあり慌ただしく帰宅した、と言います。

 「癌が消える!」と言うのは、中々信じられない話ではありますが、このような奇跡が世の中には度々起きています。

 『万物調和六章経』の読誦によってもこのような奇跡が起きたと言う話は、とても有難い話であると思います。

2020年6月 2日 (火)

大乗の宗教は政治・社会問題に「中立」であってはならい――tapir様への回答(2)

 これは私の持論ですが、政治的に中立な宗教というのは、小乗の宗教はともかく大乗の宗教としては偽善であると考えています。というのも、政治(権力者やその候補)が宗教に対して中立では無いのに、宗教が政治に対して中立であるならば、結果的に宗教家が権力者に追随するということになり、延いては、もっとも道徳的であるべき宗教家が権力者の非道を眺めるだけと言う事態に陥るからです。

 実際、過去には宗教が「政治的中立」を貫いた結果、現在断罪されている例もあるのです。

 それは、ロシア正教会です。二月革命の時、ロシア正教会は「中立」を守って積極的に帝政を守ろうとせず、結果的に臨時政府を追認した、そのことが今非難されています。

 正教会では為政者のことを祈ります。日本正教会は 天皇陛下のことを祈って下さっています。それは素晴らしい事なのですが、同様にロシア正教会はニコライ二世のことを祈っていたにもかかわらず、いざ革命でニコライ二世が失脚すると、彼を助けようとはしなかった、じゃあ、彼らの祈りは言葉だけだったのか、と非難する人が出てきても、それは仕方がないことです。

 無論、当時のロシア正教会には総主教がいないという事情があり、さらにその総主教制を廃止したのは他ならぬ帝政であったという事実もあるのですが、いずれにせよ、ロシア帝国も臨時政府もソ連も宗教に対して中立ではなかったわけで、宗教家が政治的に中立を守るというのは、総主教制を廃止したロシア皇帝のために祈り、その皇帝が殺されても眺めているだけ、そうこうしているうちにソ連になって本格的に宗教が弾圧されるようになったから慌てて逃げる、残された信者の相当数はスターリンに殺されてしまった、と、政治的な動きを何もしていないからこそ、逆に犠牲者を増やす羽目になることもあるわけです。

 私がどうしてこういうことを言うのかと言うと、tapir様が次のような「提言」をされているのを見たからです。

1、「實相」額の前に経本を安置した「七重塔」の縮小模型及び「造化の三神」社殿を設置するという通達の即時撤回


2、財団法人生長の家社会事業団との間での、『生命の實相』、『聖経四部経』出版に関する著作権交渉を開始する

・生長の家本部の利益を考えずに、信徒・読者の手に『生命の實相』『聖経 四部経』が広く行き亘ることを第一に考えていただければ、話し合いは、思いの外、順調に進むと思います。 


3、造化の三神を生長の家総本山の主祭神としたことの再検討

・造化の三神を主祭神として生長の家総本山の龍宮住吉本宮に祭祀することの意義を明らかにする。幽の幽なる神を顕祭できるのか等、住吉大神の顕祭との関係を明らかにし、祭祀の正当性を信徒の総意にするべく努力をする。


4、谷口雅春先生御著作の『聖経 四部経』と、谷口雅宣先生御著作の経本『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』との格付けを明らかにする

・経本『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』は講話の中のテキスト、サブテキストとして使用するのは良いが、供養祭、浄心行、早朝行事等では『聖経 四部経』に代わるものとして使用することは止める。供養祭、浄心行、早朝行事等で使用するのは聖経のみとする。谷口雅宣先生が『経本』は“「聖経に取って代わるもの」を意図していない”と言われた原点に戻す。

http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2012/05/post-bcc3.html


5、谷口雅宣先生・生長の家本部の重要事項を独断専行で決定し、地方教化部が無条件で容認することになる現行制度の見直し

・重要事項については、谷口雅宣先生・生長の家本部が独断で決定したことを無条件で容認することになる現行制度を見直す。重要事項については、広く地方信徒の衆議を集めて、議論の上、決定、場合によっては否決できる制度を整備し、実施する。


6、生長の家における、天皇・皇后両陛下を始めとする皇室を尊敬申し上げてきた歴史、並びに日本国の歴史を学び、その現代的な意義を明らかにする

・古事記・日本書紀神話の天照大御神を祖神とする天皇陛下を生長の家創始者谷口雅春先生が御尊敬申し上げてきた歴史を学び、その現代的な意義を明らかにする。
・大東亜戦争について、全面肯定でも全面否定でもない、是々非々の評価を行う。
・重版保留聖典の再版検討。


7、運動の見直し―「生長の家人類光明化運動」の復権 

・『生命の實相』を根本聖典とする生長の家の御教えの「求道と伝道」を中心に据えた立教当初の「生長の家人類光明化運動」を復権する。

・環境運動等の対社会的運動は原則として取り組まない。取り組む場合もあくまでも副次的なものとする。
・人間神の子を輩出する、本部練成道場並びに教区の、練成会の開催を支援・強化する。
・誌友会、母親教室開催を、積極的に支援・推進する。

 この「1」「3」については正直同意は出来ないですが、他の部分については「なるほど」と思う部分もあります。

 が、「4」については明らかに私への批判である部分がありますので、まずここに反論させていただきます。それはこの部分です。

経本『大自然讃歌』と『観世音菩薩讃歌』は講話の中のテキスト、サブテキストとして使用するのは良いが、供養祭、浄心行、早朝行事等では『聖経 四部経』に代わるものとして使用することは止める。

 私は『大自然讃歌』を浄心行で使ったケースは知らないのですが、『観世音菩薩讃歌』を浄心行で使おう、と言うのは私の提案であります。

 これは「5」とも関係してきますが、教団は決して本部の独断専行の組織ではなく、総裁独裁の体制ではなくて、地方が自主的に「こうしたい!」と言えば大抵実現します。最近某掲示板で話題の妹尾先生の祈りもその一例です。

 で、私は昨夏の青年練成会において橋本百合子先生らと3つの提案を行い、その全てが青年会の教区委員会で全会一致で可決され、さらに教区の七者会議でも全会一致で可決されたという経緯があります。その3つは次のようなものです。

1.開会式には「生長の家高校生連盟の歌」を流す。

2.浄心行では『観世音菩薩讃歌』を使用する。

3.堕胎に関する話を盛り込むこととする。

 この3つはいずれも本部の方針にあるものではなく、教区の青年会の発案が教区行事として正式に認可されたわけです。

 ではどうして『観世音菩薩讃歌』で浄心行を行ったのか、それは『観世音菩薩讃歌』が聖経『甘露の法雨』と実質的に同じ功徳のある経典であることを明徴にするためです。

 ちなみに、これまでも浄心行を『天使の言葉』で行う教区がありました。つまり、浄心行は『甘露の法雨』でないと絶対にいけない、ということではなく、同じ功徳のある聖経であるならば問題が無いということなのです。

 『観世音菩薩讃歌』が『甘露の法雨』と同じ功徳のある経典であることは一度それを読誦すれば一目瞭然であり、失礼ながらtapir様はホンリュウ派の偽情報を信じてしまい、『甘露の法雨』を読誦されたことが無いのだと思います。

 また、『観世音菩薩讃歌』には立派な「現証」もあります。

 ご存知の通り、私は女性に縁のない男として著名でありました。tapir様も御存知のことと思います。何故実際あったこともない人間がそれを知っているのかは不明ですが、訊けさんの投稿を見ると私が女性と縁がないことは「会わなくとも判る」話なのでしょう。

 そんな私ですが、ここ最近は先祖供養で読誦するのは主に『観世音菩薩讃歌』であって、『甘露の法雨』は全く読誦していません。そんな中、奇跡みたいな出来事が起きたわけで、昨日もこんな感じです。

 

 ・・・こんな奇跡、そうそうないので、幸せ自慢をすることをお許しください。あるリア友にも「嘘でしょ」と言われました。これを見ている読者の方も驚かれていることでしょう。

 誰がどう考えても、これは『観世音菩薩讃歌』で先祖供養をしていた功徳です。私の力のわけ、ありません。

 これでtapir様も『観世音菩薩讃歌』の功徳については痛感されたと思いますが、さて本題に入ると「7」です。

 この一文は、おかしくありませんか?

環境運動等の対社会的運動は原則として取り組まない。取り組む場合もあくまでも副次的なものとする。

 いやいや、生長の家は大乗の宗教なんですから、取り組まないとダメでしょ!

 tapir様には釈迦に説法だとは思いますが、生長の家は菩薩行に邁進する宗教なのです、それも、実生活において菩薩行を実践する宗教なのです、商売すらも愛行としてやらなければならない、生長の家信者であることを明言している大物宗教家としては稲盛和夫先生が居られますが、稲盛先生はまさに商売も政治も愛行として全力で取り組まれています。

 稲盛先生が結党に参画した日本未来の党が成功していれば、今頃原発もなくなって日本は平和になっていたでしょうが、民主党政権時代に稲盛先生が政府の依頼で全日空を再建したことも、まさに菩薩行として素晴らしい愛行でした。

 こういう経営的なことは稲盛和夫先生レベルでないと出来ないでしょうが、一方で「数は力」となる分野においては、生長の家の組織会員が一丸となって行う必要性のあるものもあります。

 ここで勘違いしてはならないのは、生長の家で言う伝道というのは、稲盛和夫先生のような人間を育てることであり、ロシア革命の時に皇帝を見殺しにしたような輩を育てることではない、ということです。

 教団が配布した今回の新刊書でも「生長の家信徒行持要目」の一番最初に「天皇の恩、国の恩に感謝しなさい」とありますが、ただ天皇陛下に口先だけ感謝しておいて、「譲位」騒動を始めとする朝敵売国路線を推進する自民党や公明党に投票しているようでは、心の底から感謝しているとは言えない、本当に感謝しているならば、それは必ずや選挙の投票先にも反映されるというものです。

 そういう意味で、生長の家が政治的に中立であることは、絶対にあり得ません。

 また、スーパーシティ構想と言うトンデモナイ法律も可決しましたが、これは日本を中国並みの監視社会にする法律で、片山総務大臣は中国の協力を得て推進することを明言しています。

  

 生長の家がこの法案に反対したのは当然のことで、もしも生長の家がこんなトンデモナイ法律ができるのを黙って眺めていたら、ソ連成立を阻止しようとしなかったロシア正教会の二の舞になってしまいます。

 で、いざ中国並みの監視社会になって、中国と連携した独裁国家になると(一帯一路で経済的にも安倍政権は中国依存を強めており、そのせいでコロナ騒動でも私たちは困ったわけですが)、反対の声を上げようにも上げられないことになりかねないのです。

 宗教が政治的に中立であってはならない、と言うことはロシア革命を始めとする様々な歴史が証明して下さっていることなのです。

 谷口雅春先生もそのことを当然、理解されていました。谷口雅春先生がどれだけの想いで政治運動や社会運動に取り組まれたか、を考えた時、tapir様の件のセリフは決して出て来ないはずなのです。

2020年5月 4日 (月)

第一義の神ということ

 なぜ今頃になって、私の昨年正月の文章が話題になっているかは判らないが、今、某掲示板に私の文章が転載され、それを享けて反総裁派の方が私のことを色々非難されているようである。

 ある方は「日野さんの相変わらずの馬鹿げたさも、もっともらしく言うこじつけ発言は、いい加減にしてもらいたい」等と、私のことを酷評されている。

 その方は数年前、安倍政権を擁護していて、安倍政権が左翼で売国奴であると私が懇切丁寧に説明しても、中々理解されなかった方であるが、今ではすっかり安倍政権の問題点を理解されているようである。こういう言い方をしたくはないが、少なくとも安倍政権批判に関しては、私はその方に「馬鹿げた」と言われるようなことを書いていなかったはずだが、「相変わらず馬鹿げた」と言われるからにはその方は一体、どれだけ賢いのであろうか?

 他人をバカにしても良いのは、その分野で相手よりも賢い人間だけである。

 私のことを「馬鹿げた」と言われるからには、その方は(安倍政権への評価については間違いもあったようだが)「造化の三神」の話題については、さぞかし20代前半の若造などバカにできるほど賢いお方なのだろう。ならば、私のような馬鹿げた若造のブログ記事に、是非とも「日野は○○と言っているが、これは●●という理由で間違っている」と、具体的に説明して私の間違いを糾してほしいものである。

 ちなみに、この方は私に二つの質問をされているので、マナーとして簡潔にこたえようと思うが、ただ、一つ言いたいのは、私はとても未熟な青二才であり、その方は総裁先生の乳母である、つまり私よりも遥かに信仰の先達ではあるようであるが、いくら「大先輩」でも会ったこともない、本名も判らない方にバカにされると答える気も失せることはある。

 私は貴女が信仰の先達であるから、内心では匿名で私のことを馬鹿にする人には答えたくない気持ちもあるが、マナーとして答えさせていただく。こんなことを書いているのであるから、私は本当に未熟すぎる男である。

 それでは、質問第一。

それでは、これはどういう風に言うのかな?
七重の塔に、創始者が作られたお経は1つも入れずに、
三代目さんの作ったお経、二冊だけを収めて、

それを全国の教化部の大拝殿の「實相額」の前に安置して
今後、生長の家の行事をすると言う
雅宣総裁の
全国組織へのお達しも、雅宣総裁のお達しは、
正しいのだと言うのかな、日野さんは。

 『甘露の法雨』を入れるとなおよいが、『観世音菩薩讃歌』だと悪いという訳ではないと思う。

 かつて、『甘露の法雨』の著作権を管理している生長の家社会事業団が「『甘露の法雨』を霊牌としては、無償提供しない」と主張して裁判を起こしたことがある。

 社会事業団側の言い分は「公益財団法人になったから、無償提供は出来ない」というものであったが、その主張が誤りであることはその後の裁判で確定した。残念ながら、法律上間違っている主張を展開してまで「『甘露の法雨』を無償提供しない!(仮に、それが霊牌であっても)」という集団が、『甘露の法雨』の著作権を握っているのである。

 そのような状況で、「七重の塔に『甘露の法雨』を使いたいのだが」と交渉しても、彼らが同意してくれるかどうか。もしも同意してくれないのであるならば、同じ効果のある『観世音菩薩讃歌』を用いるほかないであろう。

 第二の質問は次のようである。

で、もう1つ日野さんに質問です。

2014年に、雅宣総裁が、「住吉大神様」から”造化の三神”にご祭神を変えてしまった後、
約6年経ちますが、日本、並びに 生長の家教団に、どのような霊徳が、ありましたか?

具体的に言ってください。

 この六年の間に、朝敵安倍政権が保守ではない、と自覚する国民が少しずつ増えてきた。

 本当に、少しずつではあるが、世の中はよくなりつつあるとおもう。

 さて、かつて本ブログにもコメントして下さっていたtapir様が次のようなことをその掲示板にかかれている。

注意:以下、tapir様の投稿への反論を書いていますが、本ブログ記事へのコメント欄を見るとtapirさまの投稿は私宛の文章では無かったようです。私が匿名掲示板への投稿を今避けているのはそういう不要な誤解を招くためですが、誤解を解くためにわざわざコメントして下さったtapir様には感謝します。

筆者は、これからの国際化に向けて運動の変化に対応するためにアッラーの神は実に立派な神様だから、今日から生長の家の主宰神にします、と総裁が言われたら、「中心帰一」「中心帰一」と言って、唯々諾々と従うつもりでしょうか。

 私にはこの文章の意味がよく理解できなかった。

 生長の家の「主宰神」の意味はよく理解できないが、生長の家では「造化の三神」は第一義の神であると解釈している。それは雅春先生の頃からそうである。

 そして『旧約聖書』の「エロヒム」も第一義の神である。(雅春先生の解釈では、ヤハウェは違う。)

 『クルアーン』に出てくる「アッラー」は、語源的には「エロヒム」と同じであるし、実際私が『クルアーン』を読んだ限りでは、「アッラー=エロヒム」と解釈されるべきである。つまり、「アッラー」も「第一義の神」である。

 だから、「造化の三神」を祀ることは「アッラー」を祀ることと、何ら意味に違いはない。私もインドのイスラム教徒には「アッラーを信仰している」と伝えた。

 龍宮住吉本宮は神社の形式であるから、『古事記』にも掲載されている「造化の三神」の名称で祀るのが良いとは思うが、モスクの形式の施設を生長の家が作っても構わないと思うし、また、海外のムスリムの方が参拝した際には「ここではアッラーを祀っております」と説明して、何ら問題はなかろう。

立派な神様は、世界中にあまたいらっしゃいます。しかし、長年にわたる恩義のある神様を、不要になったと言って紙くずを投げ捨てるように捨てる信徒は、傍法の輩であって、決して信仰者ではありません。

 私はtapir様が、まるで学ぶ会の某副代表であるかのような文章を書かれたことを、深く哀しむのである。

 生長の家は、決して住吉大神を「不要になったと言って紙くずを投げ捨てるように捨て」たわけでは、ないのである。

 生長の家は今でも住吉大神を祀っている。なのにどうしてtapir様がそのような事実に反することを書かれるのか、私には理解できない。学ぶ会の宣伝に騙されてしまったのであろうか?

 ところで、ここまで書いて気付いたのだが、私はtapir様が致命的な文章の誤読をされていることに気付いた。私は基本「文法上問題のない文章である限りは、誤読する方が悪い」というスタンスではあるものの、誤解を招く文体を書いてばかりいては読者に申し訳ないので、補足説明したい。

造化の三神が、他の神社でも祀られている立派な神様であるということが述べられていると思いますが、今回の、生長の家の問題は、神様の側ではなく、お祀りする人間の側の問題です。

 私の文章は「造化の三神は立派な神様である」という趣旨では、ないことは通常の国語力と生長の家の知識がある方には理解できるはずなのである。

 造化の三神は第一義の神なのであるから、そりゃ世俗の言葉を使うと「立派」には決まっているだろうが、そのような言葉を使うのはやや不適切にも思える。

 そして、造化の三神が第一義の神であることは生長の家信者の間では「常識」のはずであるから、それを今さら「造化の三神は立派な神様であった!」等と言うことは、あり得ない。

 いずれにせよ、サムハラ神社も第一義の神を祭祀する神社であるから、龍宮住吉本宮が第一義の神を祀るのも問題ないことが判った、という程度の趣旨の文章である。

2019年12月23日 (月)

龍宮住吉本宮から「天孫降臨皇御国成就」の神符が届きました


人気ブログランキングへ

 今日、龍宮住吉本宮から「天孫降臨皇御国成就」の誓願符(神符)が届きました。ありがとうございます。

79887447_1775252579271512_61420786136981

 龍宮住吉本宮は長崎にある神社で、天之御中主大神・高御産巣日神・神産巣日神の「造化の三神」と住吉大神とを祭祀しています。

 この「造化の三神」というのは、『古事記』の冒頭に「独り神」であると記されています。


 最近、この「独り神」というのを「独身の神」と解釈される方が少なくなく、皇族の血を引くような方(明治天皇陛下の女系の玄孫としてテレビにもよく出る、憲法学者)でも間違えておられるのですが(その方は國體を学んでおられない方なので仕方は無いですが、本来は国民教養であってほしいものです)、これは「一体の神」である、という意味です。

 昨日、私は京都地蔵文化研究所で講演をさせていただき、講演後の懇親会で若干説明させていただいたのですが、『古事記』の文脈上「独身の神」と解釈すると問題があります。そういう専門的なことも、いずれ文章として発表したいと思います。

 住吉大神は私の修行していた宝蔵神社の御祭神でもありますが、宝蔵神社では「すみよし」龍宮住吉本宮では「すみのえ」と発音する、という違いがあるそうです。ただ、宝蔵神社神職の先生から「そういう違いがあるのだけれども、拝んでいる実相(本質)が一緒だと判っていれば問題ありません」という旨のことを言われたことがあります。

 戒師・佐々井秀嶺上人に啓示を下した龍樹菩薩と、宝蔵神社にある住吉大神の御神像は同じ姿をしておられる、と佐々井上人が言われていましたが、これは仏教と神道の本質が一体であることを暗示しているように感じます。

 さて、龍宮住吉本宮で祈らせていただいている「天孫降臨皇御国成就」ですが、これは言葉だけを見ると「日本のことだけを祈っているのか」という誤解をされる方も出てくるかも、しれません。

80771621_1775252605938176_78967818674818

 しかし、この神符にも横に「神・自然・人間の大調和」「宇宙浄化・世界平和」と書いてあることでも判るように、これは日本だけではなく、世界の平和を祈らせていただくお札であります。

 ここにおける「皇御国」とは「人と人、民族(たみ)と民族(たみ)、国と国、生物種と生物種が相争うことなく相敬い、相結び、相和し、神・自然・人間の大調和せる地上天国」(龍宮住吉本宮から届いた同封の手紙より)のことであります。

 これは龍宮住吉本宮だけの特殊な思想ではなく、「皇御国」の本来の意味を説明した者であって、私は真言宗の法脈を汲む僧侶(沙弥だけど)でありますが、真言密教の即位法文書において天皇陛下は「四洲の衆生を仁恵で覆う」存在である、とされています。

 事実、今上天皇陛下も即位礼の際に「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添」われることを述べられ、日本だけでなく世界の平和を祈られている、ということを明確に述べられております。

 私も天皇陛下への報恩感謝の意を込めて、世界平和実現のために「神・自然・人間の大調和」を目指させていただきます。

すめらみこといやさか
すめらみくにいやさか
すめらみたみいやさか


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

2019年11月16日 (土)

自己内奥の完全な仏性を表現する努力


人気ブログランキングへ

 生長の家の教えは徹底した光明思想です。どんな悪いことがあっても明るく喜ぶのが、光明思想です。

 そういうと「現実を見ない生活」なのか、と勘違いされる方がいるかも、知れません。生長の家では「現実」ではなく「現象」と表現しますが、生長の家の生き方と言うのは決して現象の不完全さに目をつぶる生き方では、ありません。

 動物が殺されるのが可哀想だと思えば肉を食べないし、困っている人がいたら助けてあげる、力になれない場合は祈ってあげる、先祖供養もするし場合によっては縁のある方が変死した場合は血がつながっていなくとも供養する、そういう風に現象へ対処するのも生長の家の信者の菩薩行であります。

Dscf0384

 しかしながら、生長の家の生き方と言うのはそういう一見「悪」に見えるような現象を直視しながら、なお光明面を見る生き方なのです。そのことについて生長の家総裁谷口雅宣先生は次のように述べられています。

 私たちは、周りの世界に不完全なものが見えると不満を感じますが、それはある意味では素晴らしいことなのです。それは、我々の中にある、生長の家で「神の子」と呼んでいるもの、あるいは仏教で「仏」と呼んでいるものが満足していないからです。その“仏”や“神”が「完全」の物差しをもっているから、その物差しをいろいろの所に当てて「あそこが足りない」「あそこがちょっと曲がっている」「あの政治家がちょっと汚れている」などと感じるわけです。不完全が見えるのは、我々の中に「完全」があって、それが周りの世界に表現しきれていないから不満を感じるわけです。

 そんな時、私たちがするべきことは、そういう不完全なものを壊したり潰すことではない。「ぶっつぶせ!」ということになったら、今の自分もぶっつぶさないといけなくなります。なぜなら、自分は眼鏡をかけていたり、コンタクトレンズをはめていたりして不完全だからです。誰でも現象的には不完全であり、不完全な肉体をもっているからです。しかし、それを使って完全に向かって表現する。より完全な表現をするために努力する。そこに私たちは生きがいを感じるし、ほかの人がそうするのを見ると感動するわけです。(『足元から平和を』152~153頁)

 私は眼鏡もコンタクトもしてはいませんが、視力が良いとは言えません。それでも本を読んで文章を書ける程度には目が見えるので、自分の肉体にもそれを生かしていてくださる神様にも感謝です。

 肉体と言うのも自分の作品であり、この世界も自分の作品です。より良い作品を作るために努力していかなければなりません。未熟な私はまだまだ精進すべき点が多々あります。


人気ブログランキングへ

 

 

2019年11月15日 (金)

生長の家の信仰とは常不軽菩薩の生き方の実践――全ての人の仏性を礼拝するということ


人気ブログランキングへ

 私は今年の八月から今月初旬までの約3か月間、インド仏教復興運動最高指導者・佐々井秀嶺上人の下で修業させていただき、得度させていただく光栄に恵まれました。南天会の亀井龍亀上人をはじめ多くの方のお世話になったというか、かなりご迷惑をかけた結果であります。皆様、本当にありがとうございます。

 佐々井上人は今ではインドに帰化し、インド政府の少数者委員会仏教徒代表に任命されるなど、名実共にインド仏教徒の頂点に立たれている方ですが、元々は真言宗の高尾山薬王院で得度された日本のお坊さんです。

 そして、真言僧侶でありながら日蓮聖人を崇敬されており、インドで「南無妙法蓮華経」の題目も弘められました。今、インド仏教徒はパーリ語の経典のみならず題目も読誦しています。

 そんな佐々井上人が私にくださったのが、常不軽菩薩の画です。大阪の高名な画家の豊下靖弘画伯の作画であり、貴重な絵画を頂いたことには本当に感謝しかありません。

Dscf0389

 この常不軽菩薩について、谷口雅春大聖師は次のように説かれています。

『法華経』に常不軽菩薩品というところがあります。常不軽菩薩というのは、常に軽んぜざる菩薩と書いてある。この菩薩は「われ常に人を軽んぜず」と言って、どんなヤクザが来ても、前科者が来ても、泥棒が来ても、ヒロポンの中毒が来ても、みんなに「あなたさまには佛が宿っておられるのです。必ず佛の実相がやがて現れるのでございます。有難うございます」と言って、どんな者にでも皆拝んだというのであります。そしたらヤクザが憤慨して、「どこが此の俺が佛か。俺みたいな者が佛だなんて言って、いいかげんな、人をごまかしやがって」といって、石を投げ打って菩薩を傷つけようとすると、常不軽菩薩は後にしりぞいて、石のあたらん辺まで行くと又振り向いてそのヤクザを拝んだというのです。“どんな人でもみんな佛の生命の現れである”というので、みんな拝んだのです。

 その結果、その常不軽菩薩は今「私」となって生きているのである――と、お釈迦さんが言われたと『法華経』にはあります。即ち釈迦牟尼如来として生れて来ているのは、この常不軽菩薩であったのであります。すべての者を佛として拝んだら自分が佛になるのであると云う真理をお釈迦さんはお説きになったのであります。それを実行しているのが、生長の家であります。(『即身成佛の真理』28~29頁)

 生長の家では両手を合わせて「ありがとうございます!」と言うのが挨拶になっています。これは相手の仏性に対して「ありがとう」と言っているのです。

 「それを実行しているが」と雅春先生は言われましたが、恥ずかしながら私は生長の家の信徒でありながら、本当に生命礼拝を徹底して実行しているのかと言うと、はなはだ心もとないです。

 常不軽菩薩のように全ての人の仏性を拝むよう、精進して参ります。


人気ブログランキングへ

 

2019年11月14日 (木)

今上天皇陛下の大嘗祭を心よりお祝い申し上げます


人気ブログランキングへ

 令和元年(西暦2019年、皇暦2679年、仏暦2562年)11月14日の今日は、今上陛下の最初の新嘗祭である大嘗祭の日です。

 私がインドに行っている間に、生長の家では教団を挙げて今上陛下の即位の礼の祝賀をされていたそうです。全国紙にも広告を出し、龍宮住吉本宮や宝蔵神社では祭典もされたのだとか。

Photo_20191113212101

 天皇陛下は国の中心であり、中心帰一の必要性を生長の家総裁・谷口雅宣先生は次のように説かれています。

 イラク戦後の統治の問題は、先の大戦後のアメリカによる日本占領とは一見似ているようだが、大きく異なる点がある。それは、日本人は天皇陛下の下で一丸となって「耐え難きを耐え」たのに対し、イラクは政治の中心を失い、宗教的な中心も得られないでいる点だ。“国の中心”がしっかり安定していることの重要さを、あらためて実感するのである。(「“国の中心”を失うこと」より)

 イラクは未だにイラク戦争による混乱に晒されていますが、日本が「奇跡の復興」を成し遂げることができた背景には、万葉一統の天皇陛下の恩徳があったのです。

 このように、日本の中心に天皇陛下が居られるということは、とても幸福なことです。しかしながら、だからと言って「日本一国だけが素晴らしい」と主張したり、日本だけの利益を考えて他国侵略への協力や地球環境破壊をしたりすることは、天皇陛下の御心に反します

 私は真言宗の法脈をくむ僧侶ですが、真言宗の醍醐寺に伝わる「即位法文書」には、天皇陛下の即位灌頂について次のように記されています。

仍国主ノ命風ヲ四州ノ人民ニ覆テ

仁恵ヲ衆生ニ覆テ国主人民一ニ慈

悲ヲ可垂給印相也

 即位灌頂とは天皇陛下が大日如来と一体となる儀式であり、文書中に出てくる「四州」は地球(閻浮提)を含む四つの世界ですから、今で言うと太陽系全体、あるいは宇宙全体を意味する言葉です。

 つまり、天皇陛下とは世界中の人民を命風で覆い、そして衆生――人間だけでなく動物をも含めた有情の生き物全体――を仁恵で覆う、そういう存在であるということです。

 そういう天皇陛下が国家の中心に有らせられるのが日本と言う国なのですから、私たちは天皇陛下の御心を実現するために国際平和信仰運動へと邁進しなければなりません。


人気ブログランキングへ

 生長の家の生き方とは、天皇陛下の御心を体現する生き方です。谷口雅春大聖師がまさにそのような生き方を為されたことを、谷口清超大聖師は、谷口雅宣先生のブログからの孫引きになりますが、次のように述べられています。

「皆さん、(雅春)先生は周知の如く空前絶後の愛国者でいらっしゃいました。しかしそれと同時に、天皇陛下のあの無私の御愛念を、そのまま宣布し且つ実践なさいまして、凡ての人と物を生かす運動を展開せられたお方であります。勿論日本も生かし、それと同時に人類をも生かし、人類ばかりじゃなく、凡ゆる生きとし生けるもの、山川草木国土ことごとくを仏として礼拝し、その実相を顕わし出そうと精進せられたお方であります。それ故、私達はこの生長の家の大真理を、全人類に向かって宣布する使命を戴いたことを、誠に幸せであると思うものであります」(「谷口清超先生を偲んで」より)

 このように、生長の家の運動と言うのは日本だけの運動ではない、無論、日本を生かす愛国者となることはもちろんではあるけれども、天皇陛下の御心をそのまま実践するというのは「人類ばかりじゃなく、凡ゆる生きとし生けるもの、山川草木国土ことごとくを仏として礼拝し、その実相を顕わし出」す、ということなのです。

Photo_20191113212301大学一年生の頃皇居清掃奉仕に参加した私

 ここで「仏」というと「今の時代に天皇陛下は即位灌頂をしていないじゃないか」と言われる方も出てくるでしょうが、万教帰一の真理を学ばれている生長の家の皆様の多くは、神道の天照大御神様も仏教の大日如来も一体であること、私以上によくご存じのことと思います。

 皆様には釈迦に説法でしょうが、このブログは生長の家以外の方も読まれるので一応説明させていただきますと、大嘗祭とは天皇陛下が天照大御神様と一体となる儀式であり、まさに即位灌頂と同じ意義のある儀式であります。


人気ブログランキングへ

 生長の家総裁・谷口雅宣先生は天照大御神様について『日々の祈り』所収の「天照大御神の恩徳を讃嘆する祈り」で次のように述べられています。

 このことを知り、われは今、天照大御神の実相の光、与える愛の力の尊さをあらためて誉め讃う。われは今、実相世界の真の我を観ずる。天照大御神の御心われに流れ入りて、わが心を満たし給う。天照大御神の生命(いのち)われに流れ入りて、わが生命(いのち)となり給う。わが心は天照大御神の愛の心に満たされている、生かされている、満たされている、生かされている。天照大御神は「愛なる神」の別名である。キリストの愛の別名である。自ら与えて代償を求めない「アガペー」の象徴である。また、三十三身に身を変じて衆生を救い給う観世音菩薩の別名である。われは今、天照大御神と一体となり、地上のすべての人々、生きとし生けるものに愛を与えるのである。天照大御神の愛は無限であるから、われもまた無限に愛を与えてもなお減ることはないのである。

 われは今、天照大御神の表現である太陽を心にアリアリと観ずる。太陽は、「与える愛」「生かす愛」「仏の慈悲」の象徴である。天文学が教えるように、地球や月は太陽から弾き出されてできた惑星であり、太陽の引力のおかげでその周囲を公転する。地球は、太陽なくしては宇宙の無の空間に吸い込まれ、闇の彼方へ退くほかはないのである。鉱物としての地球は、太陽の引力と恒星としての“燃える力”なくしては、「死の星」と化さざるを得ない。生命はそもそも生じず、生じても極寒の中でたちまち死滅するほかはない。しかし、太陽が地球や月を引力でとらえ、莫大なエネルギーを注ぎ続けたために、地上に生命が誕生した。生命は太陽エネルギーを受け、自らの力で新たな生命を生み出すのである。同種の生命を生み出すだけでなく、ときに変異して新たな種を生み出し、それらが同様に同種・別種の生命を次々と生み出すことで、地球上には生物が溢れ、互いに繁栄するに至っている。

 これらはすべて、太陽の「無償の愛」の業績である。太陽は、地球から何の報いを得なくとも、無限に与え続けるのである。この偉大な力によって、地上に多様な生命と生態系が出現し、おびただしい数の生命が支えられていることを思うとき、人類も「与える愛」を駆使することで、地上の平和と秩序と、多様なる生命の共存共栄を実現できることを知る。われは今、天照大御神の日子・日女として、その高邁なる目標を掲げて生きるのである。われ今、天照大御神の御徳を讃嘆し奉り、大神の日子・日女として喜びをもって使命遂行に邁進することを誓い奉る。ありがとうございます。

 この祈りにあるように、私も「我、天照大御神と一体なり!」の自覚を以て、改めて国際平和信仰運動、自然とともに伸びる新しい文明の構築に励ませていただこうと思います。


人気ブログランキングへ

2019年5月 8日 (水)

生長の家分裂の真相――真宗大谷派との共通点

a style="color: #cc6600; font-family: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; font-size: 15.6px;" title="人気ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?1494655" target="_blank" rel="noopener">
人気ブログランキングへ 

 はてなブログに次の記事を書きました。

「生長の家分裂の真相――真宗大谷派との共通点」


人気ブログランキングへ

 

処女作出版しました!
菜食実践「天皇国・日本」への道
――生命尊重と万教帰一の観点から見た美貫主義

 

↑↑Amazonから購入できます!オンデマンド出版です↑↑

 

       <目次>
第一部 美貫主義と生命倫理問題

なぜ今ヴィーガニズムなのか  (p.6)
反対派活動家は暗殺!家畜産業の闇と環境保護団体の欺瞞  (p.12)
家畜産業と多耐性菌――『日経サイエンス』の記事を読んで  (p.15)
地球環境と生命倫理を考える  (p.18)
 第一回 「神を演じる時代」に問われる“保守”の真価
 第二回 「保守」と「革新」の定義と違いについて
 第三回 生命軽視の原点「優生思想」の誕生
 第四回 現在も残る障碍者差別の危険思想「優生学」
 第五回 優生思想と人口削減論
 第六回 皇后陛下のメッセージと気候変動
 第七回 気候変動と食糧危機の最大の原因は家畜産業
気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明  (p.31)
ネズミとも共生した日本人の魂と玄米菜食  (p.39)

第二部 万教帰一の観点から美貫を論ず
『聖書』の解釈とヴィーガニズム  (p.42)
『コーラン』は原罪無しの真理を説く  (p.60)
わかりやすい苦行と難行道と易行道  (p.67)
日蓮聖人は「唯神実相・唯心所現・万教帰一」の真理を説かれた  (p.80)
『法華経』とアニマルライツと「天皇国・日本」の実相顕現  (p.87)
イスラム教と浄土真宗の肉食について  (p.96)

第三部 仏教の真髄と「天皇国・日本」の真義
真の「天皇国・日本」とは本仏釈迦の霊山浄土である  (p.124)
真言密教と日蓮教学は「天皇国・日本」に帰一す  (p.148)
聖徳太子と『法華義疏』の真実  (p.161)
 第一節 「遣隋使」は存在したのか
 第二節 俀国とは九州王朝である
 第三節 聖徳太子の前世と生い立ちの秘密
 第四節 『法華義疏』は聖徳太子の著作ではない
 第五節 「上宮法皇」とは何者なのか
 第六節 聖徳太子の薨御と太子信仰

第四部 自然の生存権か国民主権か
「自然と調和した新しい文明の構築」のための憲法  (p.219)
「自然の生存権」と帝国憲法の現存確認は表裏一体  (p.223)
「第48回衆議院選挙に対する生長の家の方針」について  (p.226)
政府による堕胎放置は憲法違反である  (p.231)

第五部 生命尊重の世界実現のために
生長の家が自民党と決別した本当の理由  (p.234)
動物を殺す者は人間を殺すことになる――狩猟が殺す人  (p.237)
肉食と植物食の根本的な違い――家畜産業は国際平和を乱す  (p.239)
パンダはチベットの動物だ!「動物虐待・中共迎合」の動物館  (p.242)
中国の「クローン猿」と日本の「動物性集合胚」  (p.245)
鳥インフルや口蹄疫での殺処分は止めるべき  (p.248)

 

美貫主義(ヴィーガニズム)と「天皇国・日本」の関係が示されています!

 

ご購入はこちら から!(定価:1944円<税込み>)

 


人気ブログランキングへ

 

 

日野智貴の5つの誓い

 

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

 

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

 

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

 

四、若者・学生・生徒・労働者・少数民族・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

 

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

【お願い】

 

 私が「日本国実相顕現・自然と調和した新しい文明の構築」のために活動するためには資料が必要です。

 

 Amazonの「ほしいものリスト」にある資料を贈呈して下されれば幸いです。よろしくお願いします。

 


人気ブログランキングへ

 

【お知らせ】

 

 

 

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!

 

生長の家西播単位青年会活動予定
4月 テーマ「日時計主義の生活」
 世界情勢と新しい文明 お釈迦様

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
5日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
12日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
19日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
26日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<生長の家青年会全国大会>
29日(水) 10:00~ 生長の家大阪府教化部
5月 テーマ「自然の恵に感謝」
 肉食を控えよう 田中静壱大将

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
3日(金) 10:00~ 生長の家龍野道場
10日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
17日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
31日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
6月 テーマ「両親や家族、先祖へ感謝」
 動物の命を大切に 光明皇后

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
8日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
14日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
29日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
7月 テーマ「祈ることの大切さ」
 肉食と森林伐採の関係

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
12日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<龍野道場50周年記念式典>
20日(土) 10:00~ 生長の家龍野道場
8月 テーマ「本当の自分に出会える」
 結びの働き 水子供養

<青年一泊見真会>
10日(土)~11日(日) 生長の家兵庫県教化部
※テーマは開催行事予定の内容から使用しています。

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

【リンク】

 

連絡先

 

Twitter「讃嘆若人◆日野智貴」

 

Facebook「日野智貴」

 

所属団体

 

生長の家青年会

 

生長の家兵庫教区青年会

 

古田史学の会

 

いのちを守る親の会

 

アニマルライツセンター学生部

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

 



>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

 

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

 

 



>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

 

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

 

 



>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

 

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

 

 



>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

 

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

 

 



>古事記と現代の預言【中古】

 

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

 

 



>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

 

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

 

 



>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

 

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

 

 



>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

 

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

 

 



>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

 

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

 

 



>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

 

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

 

 

 



>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

 

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

 

 



>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

 

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

 

 



>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

 

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

 

 

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※私が代表を務める新政未来の党はエシカル・ヴィーガニズムを推奨していますが、非ヴィーガンのベジタリアンを排除するものではありません。)

 



>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

 

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

 

 

 



>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

 

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

 

 

 



>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

 

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

 

 

 



>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

 

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

 

 



>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

 

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

 

 



>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

 

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

 

 



>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

 

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

 

 



>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

 

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

 

 



>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

 

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

 

 

 

 

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。

 


人気ブログランキングへ

 

 

2019年3月 8日 (金)

人間が愛の体現者である実を失い動物性食品を食べると「生きながらの死骸」となる


人気ブログランキングへ

 生長の家初代総裁・谷口雅春先生は美貫(ヴィーガン)に近い食生活を送っていました。そのことについて『生命の実相 頭注版』第11巻に次の文章がありましたので、やや長くなりますが引用させていただきます。(あまりにも長い文章ですので、私の方で適当に段落を分けさせていただきました。)

 関東震災前わたしが東京にいたころ、わたしは長い間慢性下痢にかかって、どうしてもそれが止まらなかったのであります。医者にいわせるとあなたの腸は非常に爛れているから、野菜は擂鉢ですってウラゴシ(頭注:餡などをこす器で、丸いわくに布・金網などをはったもの)にかけてたべなければならぬ、粥もふつうの粥では刺激分が多くていかんから糯米(もちごめ)の粥でなくてはならぬというほどの状態であった。

 そのころ、わたしは肉食は愛の道にかなわないという主張をすでにもっており、今よりもいっそう絶対菜食の生活を送っていたのでしたが、鶏卵だけは、まだ「生命」になっていないもの、たべても痛みも苦痛も感じないものであるから、これだけは動物性食品でも愛の道にそむかないという理由によって、植物性食品のほかには鶏卵を唯一の栄養物として摂取していたのであります。しかるにかくのごとき流動食をつづけるにもかかわらず、下痢は日々につづき身体は痩せ細って死も遠くはあるまいと、心の底にひそかに死を期待していたのでした。

 そのころ、わたしは浅草である古本屋の前を通りかかった、その時ふと神の黙示のようにわたしの心を引きつけた書物があった。それはたしか『高野式食物抵抗療法』という本であった。わたしはその一冊を買って帰ると貪るように読んだ。軟かい食物ほど、胃腸に与える物理的刺激が少ないので胃腸の機能をかえって弱らすこと、食物はなるだけ固い植物性のものがよいこと、胃腸病者に動物性食物はたとい鶏卵、牛乳といえども消化を誤らせて激しい毒素を腸の中で造るから、その毒素の化学的刺激で慢性下痢はかえって止まらないのであることなどが強調してあった。

 わたしは大いに感じて、その翌日から前日の粥食と卵食とをスッカリ廃し、主食には麦飯の焼き握飯をボリボリ噛んで食べ、菜にはひじき、牛蒡(ごぼう)、沢庵(たくあん)漬けなどできる限り固いものを食べ、しかも食後胃袋の上を強く掌で撫で下げて、胃袋の中の固い食物が胃壁に摩擦してゴブリゴブリ音を立てるほどにしたところが、その翌日からピッタリと長期間の慢性下痢が止ってしまったのであります。むろん、これはわたしが、その書を読んで非常に感激して心機一転し、「胃腸の弱いものは軟いものを食べよ」という在来の医家の学説に捉われなくなり、胃腸は固い食物によって弱るような不完全なものではないということを悟ったことにもよりますが、一方においては自分の今までとっていた唯一の動物食たる鶏卵を廃したことも、この病気の治癒を速めた一つの原因だとみとめなければならないのであります。

 われわれが動物性食品をとらないで、植物性食品をとるように、神が天地創造の時から定め給うているということは天地創造の神が、愛の神であり、人間をば「愛の神の肖像(にすがた)」としてその愛の体現者であるように創造(つく)られたからであります。人間が愛の体現者として創造(つく)られたということは、なんというわれわれにとって幸福(しあわせ)なことでありましょう。人間が愛の体現者である実を失うとき、人間はその使命を失い、生命を失い、生きながらの死骸となるのであります。栄養食をとっていっそうながく生きながらえんと望みながら、われわれが愛の使命を失い、生きながらの死体となるならば、われわれは形骸だけ生きのびていて、なんの甲斐がありましょう。

 この様に雅春先生は鶏卵や牛乳も食べない、美貫(ヴィーガン)の生活こそが愛の道に適った生活であることを述べておられるのであり、雅春先生の孫の谷口貴康先生も著書に自分が一切肉食をせずに育てられたことを記されているのです。

 それで、現総裁の谷口雅宣先生もノーミートを推奨されておられるのです。


人気ブログランキングへ

 ところで、こういうと「肉食が愛の道に適わないと言っても、植物も生きているではないか」と反論される方が必ず出て来るのですが、それについても雅春先生は続く文章で回答を示されているのです。

 むろん、人間知恵をもって理屈をいえば、どんなにでも理屈がつきましょう。動物も生き物ならば、植物も生き物である、植物食だって、生き物を殺して食わねば生きられないように造られている、これは実にやむをえない人間の運命であるという理屈もつきましょう。

 むろん、地上のあらゆるものは、神が「霊」すなわち「生命」によって造り給うたものの映像(かげ)でありますから、鉱物でさえも厳密な意味からいえば生きている相をあらわしているのであります。一個の水素の原資も生きていて、その内部機構たる電子は常に生々の活動を続けています。また一個の元素は知性をそなえていて、自分の出会う相手の原子が酸素であるか炭素であるかを認識して、相手の相違によって、炭化水素を造ったり、酸化水素(水)を造ったり反発したり親和したりします。

 悟ってみれば宇宙の万象ことごとく生々の相を現しているのであって、厳密にいえばいずこにも死は無いのでありますが、植物はこの『創世記』にあるように神が人間および動物の食物として与えたまうたものでありますから、それはたとい生きていましても、われわれが採取して食しましても痛みを感ぜず、苦痛の形相を呈したり、悲哀涕泣したりしないで、われわれの愛の感じを裏切らないように造られているのであります

 かえって植物の果実などは、一定の時期が来れば、人間や動物の眼につくように美しき色彩を呈して、わざわざ人間や動物に発見せられ食用に供せられることによって、自己の種子をひろく撒布させて繁殖する機会を得、それをかえって楽しむかのように見えるのであります。生きている物をたべても必ずしも相手に苦痛感を与えないのは、われわれの飲む母乳であります。母乳は生きているが、飲まれる方も飲む方も助かる、植物食もそれと同様であります。ある植物は剪定といって、枝を適当に刈り込まれることによっていっそう元気となり、生活力の旺盛をうるのであります。

 かように人間が正しい知恵をもって植物を採取したり切りとったりして食用にしますと、人間自身が生命力を旺盛にしうるのみならず、植物自身の生命の生長と繁殖の助けともなる、すなわち他を生かす愛の道にかなう。神の造り給える世界は、神の命令通りを守って神の知恵によって生きてゆきますと、こういうように、互いに傷つけるのではなく、互いに生命を生かし合うようになっている調和した世界なのであります。

 それを一歩、神の命令のそとにハミ出て、神の知恵で定められた栄養分で満足せず、蛇の知恵で、動物食の方が栄養分が多いなどということを考えて、動物を殺して食うということになりますと、たちまちわれわれは愛の道に反し愛の権化であることを生命として造られている人間はその生命を失って、デブデブ太るかもしれないが、「生ける屍」となってしまうのであります。

 これは『創世記』の解釈の文脈で述べられていますが、菜食と肉食の本質的な違いを突いているのです。菜食も知恵が無いと乱獲で植物を絶滅させるのはダメですが、そうでない限りにおいては却って植物を生かすことになるのです。

 一方、肉食は動物に苦痛を与えるし、菜食以上に植物の命も奪うし、気候変動や食糧危機の原因にもなっている、そんな肉食を菜食と同一視できないのは当然のことなのです。


人気ブログランキングへ

処女作出版しました!
菜食実践「天皇国・日本」への道
――生命尊重と万教帰一の観点から見た美貫主義

↑↑Amazonから購入できます!オンデマンド出版です↑↑

       <目次>
第一部 美貫主義と生命倫理問題

なぜ今ヴィーガニズムなのか  (p.6)
反対派活動家は暗殺!家畜産業の闇と環境保護団体の欺瞞  (p.12)
家畜産業と多耐性菌――『日経サイエンス』の記事を読んで  (p.15)
地球環境と生命倫理を考える  (p.18)
 第一回 「神を演じる時代」に問われる“保守”の真価
 第二回 「保守」と「革新」の定義と違いについて
 第三回 生命軽視の原点「優生思想」の誕生
 第四回 現在も残る障碍者差別の危険思想「優生学」
 第五回 優生思想と人口削減論
 第六回 皇后陛下のメッセージと気候変動
 第七回 気候変動と食糧危機の最大の原因は家畜産業
気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明  (p.31)
ネズミとも共生した日本人の魂と玄米菜食  (p.39)

第二部 万教帰一の観点から美貫を論ず
『聖書』の解釈とヴィーガニズム  (p.42)
『コーラン』は原罪無しの真理を説く  (p.60)
わかりやすい苦行と難行道と易行道  (p.67)
日蓮聖人は「唯神実相・唯心所現・万教帰一」の真理を説かれた  (p.80)
『法華経』とアニマルライツと「天皇国・日本」の実相顕現  (p.87)
イスラム教と浄土真宗の肉食について  (p.96)

第三部 仏教の真髄と「天皇国・日本」の真義
真の「天皇国・日本」とは本仏釈迦の霊山浄土である  (p.124)
真言密教と日蓮教学は「天皇国・日本」に帰一す  (p.148)
聖徳太子と『法華義疏』の真実  (p.161)
 第一節 「遣隋使」は存在したのか
 第二節 俀国とは九州王朝である
 第三節 聖徳太子の前世と生い立ちの秘密
 第四節 『法華義疏』は聖徳太子の著作ではない
 第五節 「上宮法皇」とは何者なのか
 第六節 聖徳太子の薨御と太子信仰

第四部 自然の生存権か国民主権か
「自然と調和した新しい文明の構築」のための憲法  (p.219)
「自然の生存権」と帝国憲法の現存確認は表裏一体  (p.223)
「第48回衆議院選挙に対する生長の家の方針」について  (p.226)
政府による堕胎放置は憲法違反である  (p.231)

第五部 生命尊重の世界実現のために
生長の家が自民党と決別した本当の理由  (p.234)
動物を殺す者は人間を殺すことになる――狩猟が殺す人  (p.237)
肉食と植物食の根本的な違い――家畜産業は国際平和を乱す  (p.239)
パンダはチベットの動物だ!「動物虐待・中共迎合」の動物館  (p.242)
中国の「クローン猿」と日本の「動物性集合胚」  (p.245)
鳥インフルや口蹄疫での殺処分は止めるべき  (p.248)

美貫主義(ヴィーガニズム)と「天皇国・日本」の関係が示されています!
ご購入はこちら から!(定価:1944円<税込み>)


人気ブログランキングへ

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・少数民族・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

【お願い】

 私が「日本国実相顕現・自然と調和した新しい文明の構築」のために活動するためには資料が必要です。

 Amazonの「ほしいものリスト」にある資料を贈呈して下されれば幸いです。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

【お知らせ】

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!

生長の家西播単位青年会活動予定
4月 テーマ「日時計主義の生活」
 世界情勢と新しい文明 お釈迦様

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
5日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
12日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
19日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
26日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<生長の家青年会全国大会>
29日(水) 10:00~ 生長の家大阪府教化部
5月 テーマ「自然の恵に感謝」
 肉食を控えよう 田中静壱大将

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
3日(金) 10:00~ 生長の家龍野道場
10日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
17日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
31日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
6月 テーマ「両親や家族、先祖へ感謝」
 動物の命を大切に 光明皇后

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
8日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
14日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
29日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
7月 テーマ「祈ることの大切さ」
 肉食と森林伐採の関係

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
12日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<龍野道場50周年記念式典>
20日(土) 10:00~ 生長の家龍野道場
8月 テーマ「本当の自分に出会える」
 結びの働き 水子供養

<青年一泊見真会>
10日(土)~11日(日) 生長の家兵庫県教化部
※テーマは開催行事予定の内容から使用しています。


人気ブログランキングへ

【リンク】

連絡先

Twitter「讃嘆若人◆日野智貴」

Facebook「日野智貴」

所属団体

生長の家青年会

生長の家兵庫教区青年会

古田史学の会

いのちを守る親の会

アニマルライツセンター学生部


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※私が代表を務める新政未来の党はエシカル・ヴィーガニズムを推奨していますが、非ヴィーガンのベジタリアンを排除するものではありません。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

 

2019年3月 6日 (水)

「山ちゃん1952」様への回答


人気ブログランキングへ

 谷口雅春先生の聖典・教典を収集されているブロガーの「山ちゃん1952」様が、ブログで私について記事を書いて下さりました。

 山ちゃん様は反教団、反総裁の立場からその記事を書かれているのですが、その雅春先生の著書を収集し保管し、目録を作るという『生長の家五十年史』の編纂委員ですらできなかった偉業を成し遂げられた方からの批判でありますから、御教えを学ぶ一後輩として敬意を持って反論させていただきたい、と思います。

 ところで、そのブログ記事にはどうも「まず安倍政権支持ありき」の山ちゃん様にはふさわしくない稚拙な展開や教団関係者にとっては明白な事実誤認も含まれています。やはり、ホンリュウ派の組織にいると安倍政権を支持しないといけない同調圧力でもあるのか、また、そういう組織においては教団の正しい情報も伝わっていないのか、という感もあります。

 いずれにせよ、こういう文章については懇切丁寧に感情的にならずに反論してこそ、読者の皆様にとっても益になる文章が書けます。という訳ですので、暫く時間をおいての返事となった点、ご了承いただけると幸いです。

 さて、まず大前提として山ちゃん様は私の立場を「総裁先生の言うことを無条件に盲信する立場」いわば「肉体人間としての谷口雅宣先生への中心帰一」であると誤解されているのかもしれない、と思いましたので、毎回ブログ末尾に記させていただいております私の立場を再掲します。

「三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。」

 これは「人類光明化運動指針」において「人類光明化運動の不動の中心」と明記されたところの「生長の家の総裁・副総裁」の法灯継承者として、谷口雅宣先生が伝える御教えに中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を展開するということであり、生長の家総裁が生長の家の大神の導きを通して御教えを説いていることは、谷口雅春先生も『生長の家』昭和37年12月号において「実相世界の久遠終始一貫の常住性が生長の家には現象界に歪みなく影を映すようになっている」と明記されている点からも明白であります。

 もしも生長の家総裁が生長の家の大神の導きを受けていないのであれば、「生長の家には現象界に歪みなく影を映すようになっている」とは、決して言えないのです。

 ところで、これは「生長の家の総裁に就任する者は、必ず素晴らしい素質と能力を持っている」という意味では、ありません。現象に絶対はありませんから、天皇陛下ですら武烈天皇や仲哀天皇のような方が現われます。しかし、武烈天皇や仲哀天皇であっても中心帰一しなければなりません。

 況してや、谷口雅宣先生は武烈天皇のような暴君でも、仲哀天皇のような暗君でもないのですから、人類光明化運動・国際平和信仰運動を推進するにあたっては、生長の家の総裁としての雅宣先生、より正確には雅宣先生の説く御教えの背後にある神意に中心帰一することは、当然のことであります。

 また、仮に総裁の地位にある者が暴君や暗君であったとしても、それは人類光明化運動・国際平和信仰運動において「充分に神意を表現できていない」だけであり、総裁自身は生長の家の大神の導きを受けているけれどもその表現が不十分であったというだけなのです。そして、「生長の家の大神――総裁・副総裁――御教え」が「人類光明化運動の不動の中心」ですから、「人類光明化運動の不動の中心」たる者に相応しい大神の導きは、総裁・副総裁以外に行われることはあり得ないのです。

 これに関連して述べると、私は谷口雅宣先生が無辺行菩薩であると信じておりますが、仮にそうではなく雅宣先生が凡人であったとしても、凡人なりに「人類光明化運動の不動の中心」に相応しい指導を生長の家の大神から受けていること、そして他に「人類光明化運動の不動の中心」たる者は現れないことは明白なのです。事実、雅宣先生以外に「私が生長の家総裁の法灯を受けたのだ」と述べている方は、一人もいないのです。


人気ブログランキングへ

 以上のことを前提に答えさせていただくと、まず、山ちゃん様は冒頭で次のように述べられています。

「日野君はしきりに「安倍政権」を批判する。確かに全ての政策に自分の考えと一致などしない。」

 まず、ここで根本的な認識の違いがあるのです。

 私は「全ての政策が一致していないから安倍政権を批判している」という訳では、ありません。安倍政権が「天皇国・日本」の実相顕現を妨害する唯物論左翼の朝敵売国政権であるから批判を加えているのであり、安倍政権が前代未聞の唯物論左翼の朝敵売国政権であることはこれまで私は繰り返し述べてきました。

 そして、さらに山ちゃん様は次のように言われます。

「それならば、「生長の家」教団の雅宣氏はどうであるかであろう。」

 この一句の後、十項目に亘って総裁先生批判の文章を加えられているので、私も項目ごとに返答しようと思います。

①「天皇国・日本」という額を教化部から外す。

 生長の家大阪府教化部に私は何度も言っていますが、そこでは実相額の横に「天皇国・日本」と記された看板が立っています。あれは一体、何だったのでしょうか?

 山ちゃん様は大阪在住の方の割には事実誤認があるのが残念です。

②愛国の書を絶版にする。

 そもそも「絶版」と「重版保留」とは異なります。「絶版」とは「未来永劫出版しない」ということですが、「重版保留」は「今は出版する時期ではないが、出版すべき時期が来れば出版する」というものです。

 そして、一般論として「ユダヤ陰謀論」や「蒋介石讃美論」と言った、事実誤認に基づく判断が記された書物の長版には慎重な判断が求められます。また、細かい「判断ミス」による総裁批判は仮に事実であっても、それは総裁先生の能力・資質を問うものですから「総裁先生への中心帰一」を否定する論拠とならないことは、前述のとおりです。

③愛国運動をする人を次から次へと左遷する。

 総裁先生に中心帰一されている方が冷遇されていることもあります。医療利権複合体のスパイを左遷することはあったでしょうが、それ以外は仮に事実としても本部の人事課による判断ミスでしょう。既に述べたように、私は判断ミスを根拠に総裁先生への中心帰一の否定はしません。

 人事でミスをしている社長だからと言って、その社長の方針に不服従していると、場合によっては『会社法』違反に問われるでしょう。同様に、総裁先生は人事を間違えているから中心帰一しない、というと「人類光明化運動指針」に違反することになります。

④左翼である「週刊金曜日」にインタビューをする。

 右翼である『SAPIO』のインタビューにも応じています。

⑤自民党を応援しないで左翼である「立憲民主党」「共産党」を応援することを勧める。日野君が安倍政権を批判することは「立憲民主党」「共産党」を利することがわからないのかな?

 山ちゃん様にとって、日本の政党は安倍政権下の与党である自由民主党と公明党以外には、立憲民主党と日本共産党しか存在しないのでしょうか?

 私はそもそも自民党と公明党は立民党や共産党以上に酷い政党に堕してしまっていると思いますが、仮に自民党と公明党が立民党や共産党よりかは「マシ」であるとしても、安倍政権を応援する理由にはなりません。左翼よりもマシなのは、至極当然の話です。

 「共産党よりも右」というのは「野比のび太よりも賢明」「殷の紂帝よりも徳がある」「スターリンよりも平和的」というようなもので、「当たり前すぎる話」なのです。

⑥以前に「黒田清子」さんの御結婚の折、何んの関心も持たず、何かプラカ-ドが挙がっている。と「小閑雑感」で書いていたことを思い出す。

 詳しい事情は判りませんが、総裁先生の資質や能力を批判されているのであれば、それは個人攻撃であって、総裁先生への中心帰一を否定する論拠にはなり得ません。ただ単に「黒田さんの結婚式とわからなかった」だけかもしれません。

⑦天照大御神の神勅で「瓊瓊杵尊」と二年にわたり記入を間違う。

 先ほどと同様です。ちなみに、総裁先生は神話について並みならぬ知識をお持ちですので、それはケアレスミスというべきでしょう。

⑧勝手に「三神の造化」を作る。

 総裁先生のケアレスミスをしている割には、山ちゃん様にもケアレスミスがあるようです。「造化の三神」は聴いたことがありますが、「三神の造化」など聴いたことがありません。また、「造化の三神」を「作る」ことなど不可能です。

⑨住吉大神を外す。

 事実誤認です。龍宮住吉本宮では今でも住吉大神を祭祀しています。また、宇治別格本山の幽祭殿では、私は研修生時代毎日「天照大御神」「住吉大御神」「塩椎大御神」に向かって神想観をしていたのですが、あれは私の幻か何かだったとでも言われるのでしょうか

⑩その他多数

 上記の内容だけでも、総裁先生への中心帰一の論点とは関係のないケアレスミスや事実誤認が多数含まれています。「その他多数」にそうした小さい言話が含まれているのであれば、それは山ちゃん様が総裁先生の欠点ばかりに注目して、人類光明化運動の不動の中心を見失っていると判断せざるを得ません。

 以上が私の回答であります。最後に、山ちゃん様の実相が顕現され、共に「天皇国・日本」の実相顕現へと歩める日が来ることを願ってやみません。


人気ブログランキングへ

処女作出版しました!
菜食実践「天皇国・日本」への道
――生命尊重と万教帰一の観点から見た美貫主義

↑↑Amazonから購入できます!オンデマンド出版です↑↑

       <目次>
第一部 美貫主義と生命倫理問題

なぜ今ヴィーガニズムなのか  (p.6)
反対派活動家は暗殺!家畜産業の闇と環境保護団体の欺瞞  (p.12)
家畜産業と多耐性菌――『日経サイエンス』の記事を読んで  (p.15)
地球環境と生命倫理を考える  (p.18)
 第一回 「神を演じる時代」に問われる“保守”の真価
 第二回 「保守」と「革新」の定義と違いについて
 第三回 生命軽視の原点「優生思想」の誕生
 第四回 現在も残る障碍者差別の危険思想「優生学」
 第五回 優生思想と人口削減論
 第六回 皇后陛下のメッセージと気候変動
 第七回 気候変動と食糧危機の最大の原因は家畜産業
気候変動・海洋汚染を招く生命軽視・経済優先の唯物論文明  (p.31)
ネズミとも共生した日本人の魂と玄米菜食  (p.39)

第二部 万教帰一の観点から美貫を論ず
『聖書』の解釈とヴィーガニズム  (p.42)
『コーラン』は原罪無しの真理を説く  (p.60)
わかりやすい苦行と難行道と易行道  (p.67)
日蓮聖人は「唯神実相・唯心所現・万教帰一」の真理を説かれた  (p.80)
『法華経』とアニマルライツと「天皇国・日本」の実相顕現  (p.87)
イスラム教と浄土真宗の肉食について  (p.96)

第三部 仏教の真髄と「天皇国・日本」の真義
真の「天皇国・日本」とは本仏釈迦の霊山浄土である  (p.124)
真言密教と日蓮教学は「天皇国・日本」に帰一す  (p.148)
聖徳太子と『法華義疏』の真実  (p.161)
 第一節 「遣隋使」は存在したのか
 第二節 俀国とは九州王朝である
 第三節 聖徳太子の前世と生い立ちの秘密
 第四節 『法華義疏』は聖徳太子の著作ではない
 第五節 「上宮法皇」とは何者なのか
 第六節 聖徳太子の薨御と太子信仰

第四部 自然の生存権か国民主権か
「自然と調和した新しい文明の構築」のための憲法  (p.219)
「自然の生存権」と帝国憲法の現存確認は表裏一体  (p.223)
「第48回衆議院選挙に対する生長の家の方針」について  (p.226)
政府による堕胎放置は憲法違反である  (p.231)

第五部 生命尊重の世界実現のために
生長の家が自民党と決別した本当の理由  (p.234)
動物を殺す者は人間を殺すことになる――狩猟が殺す人  (p.237)
肉食と植物食の根本的な違い――家畜産業は国際平和を乱す  (p.239)
パンダはチベットの動物だ!「動物虐待・中共迎合」の動物館  (p.242)
中国の「クローン猿」と日本の「動物性集合胚」  (p.245)
鳥インフルや口蹄疫での殺処分は止めるべき  (p.248)

美貫主義(ヴィーガニズム)と「天皇国・日本」の関係が示されています!
ご購入はこちら から!(定価:1944円<税込み>)


人気ブログランキングへ

日野智貴の5つの誓い

一、全ての人間を神の子として祝福礼拝し、縁ある皆様に法愛の精神で接して周囲を和顔愛語讃嘆で満たします。

二、「尊皇愛国・自然共生・生命尊重」を一体のものとして把握し、現代社会の喫緊の課題である地球環境問題に取り組みます。

三、生長の家総裁に中心帰一して人類光明化運動・国際平和信仰運動を通した日本国実相顕現に邁進します。

四、若者・学生・生徒・労働者・少数民族・胎児・障碍者・薬害被害者の「いのち」と「権利」を断固擁護します。

五、学問的方法によって真実の歴史を明らかにし、我が国の本当の歴史を復興させて次世代へ伝えていきます。


人気ブログランキングへ

【お願い】

 私が「日本国実相顕現・自然と調和した新しい文明の構築」のために活動するためには資料が必要です。

 Amazonの「ほしいものリスト」にある資料を贈呈して下されれば幸いです。よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

【お知らせ】

日本を守る!地球を守る!若者の暮らしを守る!
「緑の保守主義」の立場に立つ新政未来の党に入党しませんか?
 天皇陛下に中心帰一して、自然と調和した新しい文明の構築を!
入党申し込みはこちらから!

生長の家西播単位青年会活動予定
4月 テーマ「日時計主義の生活」
 世界情勢と新しい文明 お釈迦様

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
5日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
12日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
19日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
26日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<生長の家青年会全国大会>
29日(水) 10:00~ 生長の家大阪府教化部
5月 テーマ「自然の恵に感謝」
 肉食を控えよう 田中静壱大将

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
3日(金) 10:00~ 生長の家龍野道場
10日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
17日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
31日(金) 17:00~ 生長の家龍野道場
6月 テーマ「両親や家族、先祖へ感謝」
 動物の命を大切に 光明皇后

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
8日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
14日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
29日(土) 17:00~ 生長の家龍野道場
7月 テーマ「祈ることの大切さ」
 肉食と森林伐採の関係

<青年誌友会>(※一部は龍野生命学園と合同)
12日(金) 19:00~ 生長の家西播単青事務局
<龍野道場50周年記念式典>
20日(土) 10:00~ 生長の家龍野道場
8月 テーマ「本当の自分に出会える」
 結びの働き 水子供養

<青年一泊見真会>
10日(土)~11日(日) 生長の家兵庫県教化部
※テーマは開催行事予定の内容から使用しています。


人気ブログランキングへ

【リンク】

連絡先

Twitter「讃嘆若人◆日野智貴」

Facebook「日野智貴」

所属団体

生長の家青年会

生長の家兵庫教区青年会

古田史学の会

いのちを守る親の会

アニマルライツセンター学生部


人気ブログランキングへ

新しい時代のための必読書
「日本国実相顕現」と「自然と調和した新しい文明の構築」を目指すうえで、ぜひ読むべきおススメの本です!
下記リンクから購入してください!よろしくお願いします!

>栄える生活365章新版 [ 谷口雅春 ]

価格:2,098円
(2017/3/30 14:22時点)

>【新品】【本】神を演じる前に 谷口雅宣/著

価格:1,337円
(2017/3/30 14:25時点)

>真理(第3巻(初学篇))新版 [ 谷口雅春 ]

価格:1,851円
(2017/3/30 14:23時点)

>【中古】 足元から平和を / 谷口 雅宣 / 生長の家 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:279円
(2017/3/30 14:24時点)

>古事記と現代の預言【中古】

価格:2,800円
(2017/3/30 14:21時点)

>失われた九州王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>【送料無料】 盗まれた神話 記・紀の秘密 古田武彦・古代史コレクション / 古田武彦 【全集・双書】

価格:3,024円
(2017/3/30 14:28時点)

>真実の東北王朝 [ 古田武彦 ]

価格:3,456円
(2017/3/30 14:29時点)

>「日本国憲法」廃棄論 [ 兵頭二十八 ]

価格:1,728円
(2017/3/30 14:32時点)

>【中古】まほらまと 世界中の誰もが必ず仕合せになれる 本当の幸福論・真実の世界平和論 / 南出喜久治

価格:948円
(2017/3/30 14:32時点)

>検察の罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:35時点)

>日本を破壊する5つの罠 [ 森ゆうこ ]

価格:1,620円
(2017/3/30 14:36時点)

>小沢主義 [ 小沢一郎 ]

価格:514円
(2017/3/30 14:37時点)

ノーミート料理のご案内
私は、「地球環境保全」「飢餓対策」「動物の生存権」の観点から、ベジタリアンとして活動しています。
皆様にも、ノーミート料理を推進しています。ノーミート食材等は以下のリンク先からご購入下さい。
(※私が代表を務める新政未来の党はエシカル・ヴィーガニズムを推奨していますが、非ヴィーガンのベジタリアンを排除するものではありません。)

>【クール便送料別途】飲食店様必見プロ仕様!揚げるだけ大豆ミート唐揚げ ヴィーガン対応 800g rt

価格:1,431円
(2017/3/28 09:00時点

>ヴィーガンのお菓子【電子書籍】[ Heather Hope ]

価格:309円
(2017/3/28 09:01時点)

>【漫画コミック】【メール便200円対応可】 ベジタリアンって何だろう?に答えたコミック「ベジタリアンは菜食主義ではありません」ベジタリアン、ヴィーガン(ビーガン) 1冊 st pns jn

価格:432円
(2017/3/28 09:02時点)

>【精進料理・ビーガン対応】 たっぷり使える4倍希釈の菜食つゆの素 500ml st jn

価格:648円
(2017/3/28 09:03時点)

>【クール便送料別途】サンフランシスコのヴィーガン・トマトハンバーグ120g rt ベジタリアン、ダイエット

価格:313円
(2017/3/28 09:11時点)

>【クール便送料別途】エージェー ヴィーガン対応大豆ハム1kg 大豆ミート、大豆肉 rt

価格:1,909円
(2017/3/28 09:11時点)

>【送料無料】【メール便限定】【お一人様2セットまで】パルサンバー 4種セット【グルテンフリー】【ヴィーガン】【ローチョコレート】

価格:1,310円
(2017/3/28 09:12時点)

>【送料無料】【ケース価格】【オーガニック ヴィーガン】グレープフルーツジュース 1L×12個 オーストラリア産【オーガニック セット JAS 有機食品 紙パック飲料 ダイエット 運動会】【ギフト】【 楽天 】

価格:11,081円
(2017/3/28 09:13時点)

>無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の野菜がおいしい!ベジつまみ [ 伴奈美 ]

価格:1,620円
(2017/3/28 09:14時点)

皆様が購入していただいた金額の一部が私のアフィリエイト収入となります。皆様から頂いたアフィリエイト収入の全額は、日本国実相顕現と自然と調和した新しい文明の構築のための活動資金とさせていただきます。


人気ブログランキングへ

 

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント